鉄建をもっと TEKKEN PLUS+ てっけん PLUS+

2023.12.13

イベント 技術 表彰・感謝状 日建連表彰 2023 第4回土木賞を受賞

11月30日、The Okura Tokyoにて「日建連表彰2023」の表彰式が開催され、東京鉄道支店 JV飯田橋駅作業所で施工した「JR飯田橋駅ホーム移設事業」が『第4回土木賞』を受賞しました。

図1.jpg

図2.jpg

JR飯田橋駅は地下鉄4線と接続し、1日約18万人が利用する都心のターミナル駅のひとつです。しかし、ホームが急曲線の箇所に位置しており、ホームと列車との隙間は最大330mm、段差は200mmと非常に大きく、ホーム転落事故に対する安全対策が以前から求められていました。そこで、列車の運行を維持しながら、ホームを曲線の緩やかな場所へ約200m移設、併せて大規模な軌道とホームの低下を実現させました。ホームを移設したことで隙間は150mm、段差は50mmに縮小し、安全性が大幅に向上しました。

列車運行を継続しながら施工する必要があったため1日の作業時間は深夜の3時間ほどしか確保できませんでした。そこで、軌道のメンテナンスに使用される機械(道床掘削機)を活用し、機械的にバラストを取り除き、さらにベルトコンベアを用いて除去したバラストを埋め戻して進む工法を考案しました。これにより一日あたり約50mmの軌道低下が可能となり、従来と比較して施工効率が3倍以上向上しました。その他にも、CIMを活用しミリ単位で軌道とホームの低下量を計画、あらゆる場所で軌道とホームの計測値が管理基準値内であることを確認しながら進めるなど、作業時間の厳しい制約の中で、軌道とホームの大規模な低下工事及びホーム移設を高精度に遂行し、今回の受賞に至りました。

図3.jpg

■一般社団法人日本建設業連合会HP
日建連表彰 土木賞 受賞案件2023(第4回)
JR飯田橋駅ホーム移設事業 - 日建連表彰 土木賞 | 日本建設業連合会(nikkenren.com)

(てっけんPLUS+)