タフシート工法(既存構造物の補修)

紫外線硬化型FRPシートを用いた既存構造物の補修工法

工法概要

トンネルの既設覆工面に、「タフシート(紫外線硬化型FRPシート)」を貼付け、コンクリート片等の剥落を防止するとともに、遮水性・耐薬品性に優れた防食被覆層を形成するものです。タフシートは軽量で硬化前は柔らかく取り扱いが容易で、施工箇所に貼り付けた後に紫外線を照射することで硬化します。このため、従来の補修工法に比べて、短時間で広範囲の施工ができ、鉄道や道路トンネルなど作業時間に制約のある場所での施工に最適な工法です。

工法の特徴

  • 付着性、耐久性に優れた強固な被覆層を形成し、覆工面の剥落防止効果に優れています。
  • 貼付けから硬化まで短時間に作業できるため、鉄道や道路トンネルなどの作業時間に制約を受ける場所での施工に適しています。
  • 一体化した被覆層を形成するため、遮水性に優れています。
  • タフシートの補強繊維は、2~3cmの短繊維(ガラス繊維)のランダム配向のため、長繊維補強のものに比べ、貼付け面の下地処理が比較的容易で済みます。
  • 漏水箇所は、導水処理後に上からシートを貼付けることが可能です。また、既設の樋等の上からでも施工が可能です。
  • タフシートは良好な絶縁材料のため、電気設備の絶縁低下や電食の問題がありません。
  • 高温でも変形しにくく、また瞬間的なスパーク火花による引火の心配もありません。
  • NEXCO3社、トンネル施工管理要領、はく落の「小片超え」で基準試験をクリアしています。

(左)タフシート貼付け (中央)施工全景 (右)シート硬化後の覆工面

(左)タフシート貼付 (中央)施工全景 (右)シート硬化後の覆工面

施工状況(紫外線照射作業)

施工状況(紫外線照射作業)

完成(日本坂トンネル)

完成(日本坂トンネル)

この技術と一緒によくみられている技術はこちら

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境