超高層RC住宅

都心居住を実現する快適超高層集合住宅

イメージ図

イメージ図

完成イメージ図

完成イメージ図

工法概要

鉄建式超高層鉄筋コンクリート構造(THR-45)は、すでに開発したTHR-30(平成3年(財)日本建築センターの技術指導終了)をさらに45階建まで適用範囲を発展させ、高性能の超高層の鉄筋コンクリート集合住宅を合理的に構築するシステムです。

工法の特徴

  • 高強度材料(コンクリート強度:60N/mm2、主筋:SD490)を使用することで、従来のスパン、階数の制限を拡大することができます。例えば、30階程度の建物では従来5.5mであったスパンを7.0m程度まで拡大することができます。
  • THR-45は、安全性・居住性に優れた鉄筋コンクリート構造により、風や地震の揺れを抑え、快適で安心できる生活空間を提供することができます。
  • プレキャスト工法を採用することで大幅な工期短縮ができます。また、プレキャスト部材は、精度が高く、高品質な部材として供給することができます。

(図1)リバーピア吾妻橋ライフタワー(30階)
(図2)キャナルタウン中央(34階)
(図3)南千住トミンタワー(32階)
(図4)ヴェルビュタワー琴似(30階)
(図5)パークハウス仙台五橋タワー(23階 免震工法)

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境