ラテラルジェット工法

水平方向地盤改良工法

イメージ図

イメージ図

機材写真

機材写真

工法概要

ラテラルジェット工法は、空気併用型二重管方式の高圧噴射攪拌により、水平方向に円柱状のセメント改良体を造成できる地盤改良技術です。円形の改良は、造成管と排泥管を専用の管として分離して配置したことにより可能となり、地盤特性に応じてφ1400mm~φ2000mmまでの改良体を造成できます。また、造成時には、排泥量の調整により改良部の圧力管理を行うため、周辺地盤や近接構造物等への影響を最小限に抑制することができます。

工法の特徴

  • φ1400mm~2000mmの円柱状の改良体を水平方向に造成できます。
  • 適切な圧力管理により周辺地盤や近接構造物への影響を最小限に抑制できます。
  • 立坑や既設構造物の内部を利用して効率的な施工が行えます。
  • 口元管の止水構造により、地下水位以下での施工が可能です。
  • 改良体の配置パターンにより止水・防護・変形抑制など、目的に応じた効果的な地盤改良が可能となります。
  • 適用箇所:既設構造物や線路の真下における地盤補強
  • 適用箇所:近接施工における既設構造物の防護
  • 適用箇所:土留め壁背面の補強や土留め欠損部の地盤補強
  • 適用箇所:大深度におけるシールド発進・到達部の防護
  • 適用箇所:既設構造物の液状化対策

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境