NEW TULIP(チューリップ)工法

曲線ボーリング・推進を用いた新しい地下空間構築技術

イメージ図

イメージ図

工法概要

近年、地下空間の利用が高度化し、新たに地下構造物を構築する場合、既存の地下構造物が障害となるケースが発生してきています。また、大深度地下の利用促進のため、非開削による地下構造物構築技術の必要性も年々高まっています。
NEW TULIP工法は既設の地下構造物やシールドトンネルを発進・到達の作業スペースとして利用することにより、非開削で地下構造物を構築する技術です。埋設した曲線管は、埋設本管として使用、また地盤改良工の凍結管あるいは注入管として利用できるほか、トンネルでの先受け支保工としても利用することができます。地下埋設物が輻輳する都市部において、地上部に影響を与えることなく地下空間の創出が可能となり、シールドトンネルの地中接合や拡幅あるいは分岐・合流、さらには扁平大断面のトンネル施工を可能とします。NEW TULIP工法には「細径曲線ボーリング工法(φ500mm未満)」と「太径曲線パイプルーフ工法(φ500mm以上)」があり、適用条件等により使い分けができます。
NEW TULIP工法連絡会ホームページにもご確認ください。

工法の特徴

  • 単心円あるいは疑似円の曲線管を精度良く任意の方向に埋設できます。
  • 細径は各種パイプの使用が可能であり、曲率、管径の自由度が大きくなります。
  • 地下水位以下の施工が可能です。
  • 曲線管を利用して凍結工法、注入工法等の地盤改良工が可能であり、応用範囲が広がります。

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境