河川内橋脚耐震補強工法

仮締切り不要・仮設費用縮減、耐震補強工法

従来工法

従来工法

河川内橋脚耐震補強工法

河川内橋脚耐震補強工法

工法概要

大規模な地震が各地で続発し、交通インフラを支える橋梁等の耐震補強の緊急性が叫ばれています。この中で、陸上部の橋梁、高架橋柱の耐震補強については大規模な仮設は必要ありませんが、河川内にある橋脚の水中部の耐震補強工事は、大型重機を使用して橋脚の側面に工事用の仮設構台を設置し、仮締切を行って、水中部をドライにする必要があり、工事全体に占める仮設費が非常に大きくなっていました。
本工法は、橋脚の周囲を直線鋼矢板で囲み、鋼矢板と橋脚の隙間には、水中不分離性コンクリートを充填します。したがって、本工法は、仮締切を必要としないこと、仮設構台の設置を最小限に抑え、軽量の機械を使って施工できることより、大幅な工期短縮と全体工費削減を実現します。

工法の特徴

  • 大型重機を使用しないため、大掛かりな仮設構台を設置する必要がありません。
  • 土砂の掘削、充填材の打設工法を開発し、工期短縮、工事費縮減を実現。

河川内橋脚耐震補強工法

河川内橋脚耐震補強工法

この技術と一緒によくみられている技術はこちら

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境