鉄建式免震構造

免震により安全で快適な空間を創造

工法概要

鉄建式免震構法は、地震に対する安全性の向上とともに、建物の長寿命化を追及して地球環境へも配慮した構法の一つの答えです。建物を地盤から切り離し、その間に免震装置を設けることで、建物に入力される地震のエネルギーそのものを低減し、地震に強く、耐久性にも優れた建物をユーザーに提供する信頼性の高い免震システムです。

工法の特徴

  • 建物に入る地震エネルギーの低減による耐震性能の向上
  • 建物の免震性能を表示できる設計手法の採用
  • ユーザーの要求性能や地盤条件に応じたフレキシブルな設計
  • 病院、オフィス、マンションなど幅広い用途に適用
  • 免震装置は、積層ゴムとダンパーの組み合わせによって構成
  • 既存建物の免震レトロフィットにも対応
  • 積層ゴム(アイソレータ):薄いゴムと鉄板を交互に重ねたアイソレータは、建物重量を支える十分な強さと、水平方向に柔らかい性能を併せ持つことで、地震時のガタガタとした建物の揺れをゆっくりとした揺れに変える役目をします。
  • ダンパー:鋼棒・鉛・オイルを使用したダンパーは、地震時のアイソレータの動きを小さく抑えたり、地震が終わった後に、建物の揺れをできるだけ早くおさめる役目をします。

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境