AWAT(アワット)工法

耐震性能に優れ、漏水、粉塵を防止できるあと施工部分スリット工法

工法概要

「AWAT(アワット)工法」は、一般財団法人 ベターリビングより「あと施工部分スリット工法(AWAT(アワット)工法)設計施工指針の妥当性について」の一般評定を取得した工法です。
この一般評定によって、腰壁・垂れ壁については、あと施工の部分スリットが完全スリットと同等の耐震性能として耐震改修設計が可能となり、さらに袖壁についても部分スリットの評価法を確立したため、耐震改修設計が可能となりました。
また、施工上でサッシを取替えないとサッシ際の施工が困難であった点を解決し、サッシを取替えずに構造スリットの性能を満たすことが可能となり、施工性を高めることができ、施工コストの低減が見込まれます。

工法の特徴

  • 「AWAT(アワット)工法」の特徴は、切断水の代わりに泡溶液を用い、施工システム内のAWAユニットフォームマシン(図-1)により切断泡を形成して、ウォールソー(写真-1)およびコアドリル(写真-2)により切断・穿孔して壁に部分スリットを形成する点です。
  • 切断水を用いて施工する場合と比較して、1/10の量の泡溶液で施工できるため、内部への漏水が防止され、切断汚泥の排出も少なく、さらに騒音・粉塵も低減されます。

施工システム

施工システム

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境