快適空間創造技術

騒音・振動制御技術

列車振動の低減工法に関する実験

列車振動の低減工法に関する実験

内装材の振動低減に関する実験

内装材の振動低減に関する実験

工法概要

音環境性能は、建物の評価を左右する要因ともなる重要なものです。音環境性能を良好に保つためには、騒音・振動を如何に精度よく、効率的、且つ、低コストに制御するかが重要となります。
鉄建建設では、各種騒音・振動の計測はもとより、その発生量を予測し、制御する技術を確立しています。特に、地下鉄騒音のように、地盤やコンクリート、鉄などの固体中を伝わる振動が、壁などを振動させて空間内に放射される“固体音”については、数多くの実験及び調査を通して、制御技術の蓄積を進めています。

【実績として】
各種交通騒音及び振動、建設工事騒音及び振動、空調設備騒音及び振動、各種室内騒音及び住宅設備振動、床衝撃音遮断性能、開口部及び界壁の遮音性能 、地震動計測、常時微動計測など

工法の特徴

  • 最先端の予測技術に支えられた的確な音環境づくりと、的確な制御を実施します。
  • 最新の計測機器を用いた最新の計測技術による高精度・高信頼性の調査を実施します。
  • コンピュータシステムや多チャンネルFFTアナライザー(周波数分析器)を用い、高速処理を実施します。
  • 多点同時計測システムにより、伝搬系の解明を実施します。
  • コンピュータ予測システムにより騒音コンターを作成します。

実施例:自家発電機を持つホテル

実施例:自家発電機を持つホテル

トンネル直上の集合住宅

トンネル直上の集合住宅

技術一覧

立体交差、交通インフラ
関連技術

基礎

地下空間・地盤

トンネル

構造

免震・耐震

補修・補強

環境