月別アーカイブ

イベントの記事一覧

新会社が運営「コロコロいちごファーム」が1月2日にオープンします

12月26日、オープンセレモニーを開催しました

いちご観光農園「コロコロいちごファーム」の令和2年1月2日のグランドオープンに先立ち、鈴木勝 埼玉県北葛飾郡松伏町長、大西精治 JR東日本執行役員大宮支社長ほか多数のご来賓を招き、オープンセレモニーが開催されました。(主催:㈱ファーム ティー・エス)

コロコロいちごファームは、鉄建建設としゅん・あぐり(本社:埼玉県八潮市、社長:臼倉正浩)がビジネスパートナーシップを結び新たに設立したファーム ティー・エスが運営しています。

■メディア情報
セレモニーの様子は、テレ玉「埼玉ビジネスウォッチ」で紹介される予定です。
日時:12月27日(土)22:00~22:30
詳しくは番組公式ホームページ をご覧ください。

1912coro02.JPG ▲いちご狩りの後、栽培責任者の林賢典さんがいちごの品種や農園規模について説明

1912coro03.jpg▲鈴木町長より開園の祝辞を賜りました

1912coro04.JPG▲「農業参入を次の展開に生かしたい」とインタビューに答える鉄建建設 伊藤社長

1912coro05.JPG▲「夢と情熱にあふれた新事業にご期待ください」と語る㈱ファーム ティー・エス 荒明浩登会長(右)、臼倉正浩社長(左)

1912coro06.JPG

■ファームの概要
・営業内容 :章姫と紅ほっぺの40分食べ放題(ハウス内にイートインスペースがあります)
・住  所 :〒343-0102 埼玉県北葛飾郡松伏町築比地2134
○ご予約と交通アクセスはこちらから>>>予約専用サイト

1912coro07.jpg

複合商業施設「ブランチ札幌月寒」グランドオープン

人・まち・緑がつながる憩いの空間"創出

10月23日、旧北海道立産業共進会場跡に、体験型・交流の大規模複合施設「ブランチ札幌月寒」が札幌市豊平区にグランドオープンしました。
当事業は、北海道立産業共進会場用地売却に係る公募プロポーザルにおいて大和ハウスグループの大和リース株式会社が事業所に選定され、当社JVが施工を行いました(所長 松本義則)。
物販販売やフィットネスクラブ、飲食店、認可保育園など計7棟のテナント群と大駐車場が用意され、延べ1万5300㎡で構成されます。

1911tsukisamu01.jpg1911tsukisamuogp.jpg「ブランチ」とは、いろいろな要素をむすぶ"つながり"を意味することが多いのですが、大きく広がる木をイメージして全体設計が施されています。

同日に開催されたオープニングセレモニーには、大和リースの森内潤一取締役常務執行役員流通建築リース事業部長、札幌市の小西政雄まちづくり政策局長、東月寒地区町内連合会有田京史会長をはじめ、当社より相越専務執行役員、鈴木支店次長、松本所長、トライアルカンパニーの前原聡専務取締役らが出席しました。

地域住民の代表からは「買い物やフィットネス、子どもたちを遊ばせることのできる地域住民が集える場所ができた」と喜ぶ声が報道されていました。

1911tsukisamu02.jpgセレモニーの様子

1911tsukisamu_syoujyou.jpg大和リース札幌支店様より感謝状をいただきました

コンセプトは、「つどう、つながる、ひろがる」
~地域のランドスケープをめざす~

1911tsukisamu04.JPG ▲シンボルゾーン「コポロパ」外観

1911tsukisamu05.JPG ▲スポーツアカデミー

施設コンセプトは、「つどう、つながる、ひろがる」。緑豊かな周辺環境との調和を保ち、地域のコミュニティを育む拠点をめざします。体験型施設や交流施設も設けて新たな複合商業施設の業態としてだけでなく、魅力的な街の誕生に地域の期待が高まっています。

体験型施設、交流スペース、芝生広場などの交流スペースのほか、保育園と児童デイサービスも配置されます。店舗は、2020年3月末までに36店舗が開店する予定だということです。

やまなしインフラ親子現場見学会が開催されました

山梨県では、甲府都市圏内の交通の円滑化と地域連携などを目的とした「新山梨環状道路」の事業が進められています。このうち、中央自動車道と交差する箇所の工事は、山梨県が中日本高速道路㈱に業務を受託しており、施工を当社が担当しています。工事名称は、中央自動車道甲府南地区函渠工工事(所長:桝谷 正治)。アンダーパスによりカルバートボックスを構築します。

新山梨環状道路の詳細はこちら(山梨県HP)

11月9日、山梨県景観づくり推進室の主催で、令和元年度やまなしインフラ親子現場見学会が開催されました。

1911yamanashi01AM.jpeg1911yamanashi01-2.jpeg足場に張り付けたオレンジ色の枠で、カルバートボックス断面の形と大きさをイメージ
午前の部(上)、午後の部(下)

見学会は、午前・午後の部に分けて開催され、山梨県内在住の親子連れ合わせて73人が参加しました。施工発進側で現場概要説明の後、到達側で箱型ルーフ管内に入ったり120tクローラクレーン乗車体験をしたりしました。最後に、コンクリートスペーサー(組み立てた鉄筋が所定の位置からずれないようにするためのもの)に絵やメッセージを書いてもらいました。

1911yamanashi02.jpg

▲個性あふれるコンクリートスペーサー
中には「安全祈願」やマスコット「てっくん」のイラストも!

コンクリートスペーサーは、カルバートボックス本体の鉄筋を組み立てる際に使用します。コンクリートの中に埋められるため、外から確認することはできませんが、参加者からは「施工に携わることができた」と好評でした。

バングラデシュ道路整備事業発注者が北陸新幹線建設現場に来訪

10月16日、当社JVが工事を進めているバングラデシュ国クロスボーダー道路網整備事業(カルナ橋)の発注者が、北陸新幹線、小松木場潟(北)高架橋工事(所長 上野 宏史)の現場研修に訪れました。
研修には、発注者(同国道路交通省橋梁省)と設計コンサルタントの7名が参加しました。

PC箱桁橋とRC高架橋の現場を見学された方の多くがコンクリートの品質の高さと出来映えの良さに高い関心を示していました。さらにヤードの隅々まで整理整頓された状況に驚いた様子でした。

▲工事事務所にて概要説明

▲橋上で軌道構造の説明を熱心に聞く見学者ら

この研修を通して、海外工事の発注者に日本の最高水準の品質管理・安全管理を紹介することができました。このような交流が、今後の両国間の架け橋として役立つことを願っています。

土木コレクション2019開催 林会長がテープカット

「TOKYO DOBOKU FROM―1964―TO 過去から未来、新しいTOKYOへ」 ~当社林会長、土木学会会長としてテープカット ! !~

2008年から11月18日の土木の日に合わせて開催されている「土木コレクション」。主催 (公社)土木学会、共催 東京都建設局で、2008年から今年で12回目の開催となります。
土木界が保有する、普段目にすることができない貴重な歴史資料、図面、写真、映像などを、新宿駅西口イベントコーナー(JR新宿駅西口)にて、11月14日(木)~17日(日)の4日間、展示されます。

土木コレクション2019の詳細はこちら

14日のオープニングセレモニーでは、林康雄土木学会会長、小池百合子東京都知事より挨拶があり、山田邦博国土交通省技監が祝辞を述べました。
続いてテープカットが行われて「土木コレクション2019」が正式に幕を開けました。

191114doboku01.jpg
▲左より、林康雄 土木学会会長、小池百合子 東京都知事、山田邦博 国土交通省技監

林会長からは、地震や戦争、災害など多くの苦難を乗りこえて社会インフラを築き復興・再生した東京の歴史資料を、この展示会で学び、楽しんでほしいと挨拶、小池百合子知事からは、来年、2020年を控えた世界都市東京を「土木コレクション」で見直してほしいとエールが送られました。
今年の開催では2つのオリンピックを軸に、「イントロ/軌跡」「戦前~戦後/世界都市東京の夜明け」「1964/東京オリンピック前夜」「その後/TOKYO2020に向け」 という4つのゾーンに分けて、社会背景とともにインフラの魅力が紹介されいています。
191114doboku02.jpg
過去から未来へと脈々と受け継がれてきた土木の遺産とともに、変貌を遂げてきたTOKYOの歩みが実感できる写真・映像の数々が展開されています。ぜひ足をお運びください。

内浦トンネル(東川)で安全祈願

9月26日、鉄道・運輸機構発注の「北海道新幹線、内浦トンネル(東川)」(所長:須志田 藤雄)で、工事の安全祈願を執り行いました。当日は、発注者、自治体、工事関係者ら約100人が出席しました。

神事では、依田淳一鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局長、北谷啓幸北海道後志総合振興局長、鎌田満黒松内町長、金秀行蘭越町長(山内勲副町長 代理出席)が鎌入れ、中村裕之衆院議員、逢坂誠二衆院議員らが鍬入れ、当社の谷口和善土木本部長らJV4社の代表者が鋤入れを行ないました。

1910uchiura 01.jpg▲鎌入れの儀
左より、山内副町長、依田局長、鎌田町長、北谷局長

内浦トンネルは、長万部、黒松内、蘭越の3町を通る全体延長15,565mの長大トンネルです。当社は、このうちの3工区に分割した中央部分、東川工区(延長5,000m)を担当します。
2018年10月に着工し、斜坑の掘削準備が整いました。斜坑(延長1,020m)を掘削完了後、本坑を札幌方面に約2,800m、その後、新箱函館北斗方面に約2,200mを掘削します。

1910uchiura 02.JPG ▲掘削準備が整った斜坑坑口とJV社員

北海道・日高町の福祉施設で災害復旧決起大会

95日、北海道・日高町で当社が復旧工事中の「特別養護老人ホーム門別得陽園」「養護老人ホーム長生園」(複合施設)で災害復旧決起大会が行われました。

この日は、北海道初の震度7を記録した北海道胆振東部地震から365日目にあたり、関係者は復興に向かって尽力していくことをあらためて誓いました。

決起大会は、両園を運営する社会福祉法人「いちはつの会」さまが主催され、大鷹千秋日高町長や和田義明衆議院議員、道議会議員ら約40人が出席しました。

1910_ictihatsu01.JPG ▲復旧工事中の建物をバックに、復旧記念のポロシャツを着て

1910_ictihatsu02.JPG ▲いちはつの会の西部光洋理事長から感謝状を受ける
鉄建建設札幌支店長の栗城秀章

1910_ictihatsu03.JPG ▲施設の復旧工事に携わった一人ひとりの名前が記されたプレート
何にも変えがたい記念となりました

小学生ら、北陸新幹線の建設現場を見学 in 小松市

8月24日、小松・能美鉄道利用連携会議の呼びかけによる見学会を、「小松木場潟(北)高架橋工事(所長:上野宏史)」の建設現場で開催しました。

当日は、小学生の親子ら40人が、木場潟から流れ出る前川にかかる工事中の橋梁を訪れました。

本工事は、2023年春に開業予定の北陸新幹線延伸工事(金沢ー敦賀)のひとつで、小松市内にある木場潟に面した区間を含む長さ2,289mを施工中です。鉄建建設は、本工事以外にも5つの工事を行っており、その合計長さは延伸区間の8%、約10kmになります。

1910_komatsu01.jpg
▲参加者の皆さんは、レールが敷かれる前の橋の上を歩きながら、
写真を撮るなど楽しんでおられました。

工事を担当するJV小松作業所では、地元の方々との対話や交流を大切に工事を進めており、今後も見学会を開催するなど積極的に活動してまいります。

1910_komatsu03.JPG

▲JV小松作業所の入口には、ここで働く社員の顔イラストがあります。

ダッカ都市鉄道建設工事で、安全祈願祭を開催


バングラデシュ式で工事安全を祈祷

当社は、バングラデシュの首都ダッカにおいて、総延長20kmのダッカ都市高速鉄道6号線(大量輸送交通システム:Mass Rapid Transit,MRT)の高架橋建設工事を行っています。
当社は、このうち3つの駅を含む全長3.2kmの工事を担当しています。
9月17日、第1回目のコンクリート打設に先立ち、工事安全を祈祷するセレモニーを開催しました。


1910dhaka01.jpg▲司祭による説法

1910dhaka02.jpg▲参加者全員で祈祷

1910dhaka03.jpg▲配布したお菓子

バングラデシュ式のセレモニーでは、イスラム教司祭(イマーム)によって説法を受けた後、全員で祈祷(ミラド)をして、お菓子を食べる風習があります。
セレモニーには、発注者、エンジニアを含む関係者約100名以上が参加しました。

コンクリート打設は、セレモニー当日の夜間に行いました。関係者らが見守る中、打設作業は無事に完了しました。

1910dhaka04.jpg▲ポンプ圧送による打設状況

1910dhaka05.jpg▲脱型
後のコンクリートセグメント

羽後本荘駅の建て替え工事着手

7月14日、当社の東北支店は秋田県由利本荘市にて「羽後本荘駅東西自由通路等新設・駅舎橋上化工事(所長:臼田武彦)」の安全祈願祭を執り行いました。当日は、長谷部誠市長、渡部聖一市議会議長、木村英明JR東日本秋田支社長、当社の藤森伸一副社長ら約45名が参列しました。

1909_ugohonjyou01.jpg▲鍬入れを行う長谷部市(中央左)、渡部議長(中央右)

この工事では、線路で分断されている東西の往来を円滑にするため自由通路を新設し、2階部分に改札を設ける橋上駅舎に建て替えます。地域の皆さまの利便性向上に貢献できるよう工事を進めてまいります。

1909_ugohonjyou02.JPG▲仮駅舎を使用開始し、旧駅舎を解体しています