月別アーカイブ

CSRの記事一覧

障がい者アート×TEKKEN

今年も全国各地で開催されている技術展示会。その来場者に配布するマスクケースのデザインに一般社団法人障がい者アート協会が運営する「アートの輪」に登録されている作品を使用しました。

2011_masukukesu.jpg

▲技術展示会ブースにて
2011_masukukesu-2.jpg
▲マスクケース裏表のデザイン。作品名は「Agape」


当社のノベルティに障がい者アートをデザインに使用するのは、7月に製作したコンパクトバッグ「シュパット」に続き、2回目です。この取り組みは、ノベルティに障がい者アートを使用し、障害者アートの普及を応援するとともに、著作権使用料をお支払いすることで障がい者の皆さんの働きがいにもつながるものです。今後も障がいがありながらも創作活動を続ける方たちと社会をつなぐ取り組みを応援していきます。

作品を描かれたS.BAN☆さんは、岡山県にお住まいの11歳のアーティストです。当社がS.BAN☆さんのデザインを採用したことで、ご本人とご家族に大変喜んでいただき、ご本人からお手紙をいただきましたのでご紹介します。2011_masukukesu-3.jpg

▲S.BAN☆さんからのお手紙

伊勢神改良「新郡界橋」で地元小学生の現場見学会を開催

10月6日と7日の両日、愛知県豊田市小田木町で施工中の「平成31年度153号新郡界橋PC上部工工事(所長:石崎 太郎)」において、地元小学生を対象とした発注者主催の現場見学会が開催されました。 見学会には、地元の小学校2校の全校生徒と教員あわせて113名が参加しました。

この見学会は、「あいち 土木の魅力・未来プロジェクト」の一環として実施されたものであり、未来を担う子ども達を中心に建設分野の仕事の魅力ややりがいが伝わる広報を展開するものです。

DJI_0439.JPG

▲「張出架設工法」で架設中の新郡界橋



国土交通省中部地方整備局名古屋国道事務所豊田維持出張所の赤坂 正人所長からの開会あいさつの後、複数の班に分かれて体験コーナーを回りました。橋上では鉄建マスコット「てっくん」も登場!最後にドローンによる記念写真撮影を行いました。

DSC_0040.JPG

DSC_0046.JPG

▲開会のあいさつ(下:赤坂所長)

DSC_0085.JPG

▲現道との摺り付けのための土工事で使用するバックホウの操縦体験。

DSC_0074.JPG

▲将来のけんせつ小町あらわる!?

DSC_0190.JPG

▲コンクリートスペーサーにお絵かきしています。ひとつひとつが橋の一部になります。

DSC_0300.JPG

▲バックホウのイラストに「がんばれ」の文字が!感激です。

DSC_0082.JPG

DSC_0150.JPG

▲鉄筋の交差部は、結束線を「ハッカー」でくるくるっと回して縛ります。
「筋」がいいよ!鉄筋だけに...

DSC_0126.JPG

DSC_0259.JPG

▲全国どこでも人気のてっくん。「うれしいけど、密です!(心の声)」

DJI_0433.JPG

▲1日目 明和小学校

dji_photo trim.png

▲2日目(午前)稲武小学校 中高学年

DSC_0169.JPG

▲2日目(午後)稲武小学校 低学年
あいにくの雨で空撮ができませんでしたが、きれいに仕上がったコンクリートの表面に色とりどりの傘が映えています。

■工事についてもっと詳しく>> 進行中のプロジェクト

今後完成していく道路を親しみをもって利用していただくとともに、土木の仕事に関心をもつ子どもたちが増えることを願っています。

農学部学生が鉄道施設体験/土地改良建設協会が主催

鉄建建設・建設技術総合センターで9月1日、(一社)土地改良建設協会の主催で、大学生を対象とした見学会が開催されました。 同協会では、土木工学や農業農村工学の魅力を大学生に伝えるために、会員企業の技術研究所などで見学会を開催しており、7名の大学生が参加しました。

tochikai (1).JPG▲実物仕様の鉄道施設研修を体験

tochikai (2).JPG▲施工実験棟で研究開発の一例を紹介


見学会終了後には、農林水産省の若手職員、当社の技術職社員との意見交換会も行われました。 その中で当社は、現在の会社の取り組みを問う学生に対し、省力化による生産性向上に向けた技術開発を同センターで実施していることや、専門部署のダイバーシティ推進部が中心となり取り組んでいる働き方改革やワークライフバランス実現のための方策事例などを説明しました。また、現場配属を経て設計業務と技術開発業務を担う2名の若手社員がそれぞれの仕事の内容などを紹介しました。

tochikai (3).JPG▲意見交換会の様子


参加した学生からは、「土木技術の研究施設で貴重な体験ができた」、「大学でどう学ぶべきかのよい参考になった」などの声が寄せられ好評のうちに閉会となりました。

tochikai (4).JPG▲2020年4月に完成した新施工実験棟前にて

「記憶を語り継いでいく」震災復興工事記念植樹

鉄建建設は、東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社さまのご協力のもと、JR気仙沼線BRTの「本吉駅」、JR大船渡線BRTの「陸前高田駅」「大船渡駅」に「しだれ桜」「河津桜」「ヤブツバキ」「ハナミズキ」を、また、宮古市さま、三陸鉄道株式会社さまのご理解を得て、三陸鉄道リアス線「八木沢・宮古短大駅」に、「キリシマツツジ」「アカヤシオツツジ」「シロヤシオツツジ」を植樹しました。

000.png
▲復興工事に携わった路線と植樹の位置

震災の記憶と復興の思いを継いでいく

平成23年3月の東日本大震災により発生した津波で、東北地方太平洋沿岸部は甚大な被害を受け、多くの方々が被災されました。長年、地域の皆さまに愛され、利用されてきたJR気仙沼線、JR大船渡線、三陸鉄道リアス線の沿岸部の区間も大きく被災し、鉄建建設は早期復旧に向け全力で取り組んできました。

今年は、東日本大震災から10年目という節目を迎えることから、沿線に桜の木などの植樹を実施いたしました。私どもが植樹に込めた思いは『感謝』と『願い』です。『感謝』は工事中の地域の皆さまのご理解とご協力に、そして発注者さまからのご指導ご支援に、また工事に携わった多くの方々への思いです。『願い』は震災の記憶を風化させないこと、地域の皆さまが活き活きと暮らす賑わいのある街になって欲しいとの思いです。

植樹させていただいた桜の木などが年々成長し、末永く皆さまに親しんでいただける心地よい場所となることを願っています。

▲JR盛岡支社 齋藤道法 企画部長ほか総務部 企画室のみなさんと
BRT大船渡駅にて

▲記念プレート

福岡3号岡垣トンネルが貫通/4車線化で交通ボトルネック解消

8月6日、福岡県遠賀郡岡垣町野間~上畑間で施工中の福岡3号岡垣トンネル新設工事(所長:佐藤 真穂)において、トンネルが無事貫通しました。

2008okagaki01.JPG

↓ ↓ ↓ 貫 通 動 画 ↓ ↓ ↓

▲スタートボタンを押すと動画が再生されます(再生時間 45秒)


この工事は、北九州市~福岡市間の岡垣バイパス(延長4km)において、延長276mのトンネルを新設する工事です。
岡垣バイパスは、北部九州の二大都市である福岡市と北九州市を結ぶ国道3号の2車線区間を4車線化することにより、交通ボトルネックを解消し信頼性の高いネットワークを構築するとともに、対面通行区間の解消による安全・安心の確保を目的としたもので、国土交通省九州地方整備局 北九州国道事務所が平成30年度から着手している事業です。

掘削工事では、起点側の斜坑門及び低土被り区間での変位が大きく、変位収束も遅かったため、仮インバートや長尺ロックボルト(L=6m)に加えて、切羽前方のトンネル周辺地山を補強・改良する補助工法を併用しました。その結果、低土被り区間を許容変位内で掘削をすることができました。

2008okagaki02.JPG

▲貫通側トンネル坑口

 
7月には見学会を開催して多数の方々に掘削状況を見て頂きました。7/15整備局若手見学会(30名)、7/23近隣3地区の合同見学会(75名)、7/27岡垣町見学会では町民、期成会(4車線化推進団体、近隣市町長や議員等)及び近隣市町、県の土木職員(134名)、7/30NEXCO西日本(30名)と合計260名以上の見学者がありました。坑内のトンネル仮設備や一次掘削など重機の稼動状況を見ていただき、質疑応答も行い事業と工事への理解を深めて頂きました。

2008okagaki03.JPG

▲地元見学会 起点側坑口にて

2008okagaki04.JPG

▲左:供用中の2車線、右:新設中の2車線

JR飯田橋駅、新ホームと新駅舎供用開始/列車とホームの隙間・段差解消

鉄道を利用するお客さまの安全性・利便性向上のため、駅改良工事を進めている中央・総武線飯田橋駅(土木所長:堀江 章久、建築所長:川股 大介)で、7月12日、新ホームと新西口駅舎の供用が開始されました。

急カーブ上にホームがあった!飯田橋駅 「隙間」と「段差」を解消

飯田橋駅は、1928(昭和3)年に牛込駅・飯田町駅2つの駅を統合して誕生しました。その後、飯田町駅は廃止されますが、牛込駅と廃止された飯田町駅の間の半径300mという急カーブ上に飯田橋駅は設けられたため、列車とホームの間に最大33㎝の隙間があり、乗降時の危険性から改善が求められてきました。JR東日本では、転落検知マットや注意喚起の回転灯、放送設備などを設置して安全対策をおこなってきましたが、さらに抜本的な対策としてホーム全体を新宿側の直線区間に約200m移設する工事を、土木、建築が一体となり2014年より着々と進めてきました。

202007 iidabashi01.jpg

▲新西口駅舎正面



この駅改良工事の大きな特徴は、ホームの移設箇所が急勾配であるため、軌道低下させて勾配を緩やかにすると同時に、現ホームも低下させ勾配を合わせることにありました。上下線合わせて約60回に分けておこなう軌道低下工事と同時に、現ホームも使用しながら38回のホーム低下をおこないました。新ホームは、1面2線(曲線半径は900m、旧ホーム300m)となっています。

2007 iidabashiheimen01.png202007 iidabashi02.jpg
202007 iidabashi03.jpg

新西口駅舎・歩行者空間も、供用開始

新ホームと併せて、新西口駅舎、歩行者空間も同日から供用が開始されました。 新西口駅舎は、駅前広場を設けるために旧駅舎の若干奥まった場所につくられました。鉄骨造・2階建てで、延床面積は約2,200㎡。バリアフリー設備として多機能トイレを1箇所、15人乗りエレベーター1基が設置されています。


新西口駅舎および歩行者空間の概要


・構造 鉄骨造り 2階建て
・延床面積 約2,200㎡
・バリアフリー設備 多機能トイレ(1か所) エレベーター(1基・15人乗り)
・店舗 5店舗
・フロア構成 1階 駅施設、店舗(3店舗) 2階 店舗(2店舗)

2007 iidabashiheimen02.jpg

▲新西口駅舎1階平面図(供用開始時)


1階の店舗のNew Days(コンビニエンスストア)が今回開業済みで、その他の2店舗は、2020年8月以降の開業予定となっています。
改札外コンコースおよび駅前には、新たな歩行者空間も生まれました。

飯田橋駅は、安全で快適な駅として新たな道を歩み始めました。

202007 iidabashi04.png202007 iidabashi05.png

▲飯田橋駅(供用開始時)

『コロコロいちごファーム』1stシーズンレポート(ファーム ティー・エス)

いちご観光農園「コロコロいちごファーム」は、5月31日で今シーズンの営業を終了しました。ご来園いただいた皆さま、ならびに営業にご協力いただいた皆さま、まことにありがとうございました。

2019年4月に当社と㈱しゅん・あぐりで設立した「㈱ファーム ティー・エス」は、イチゴを苗から育て、既存のビニールハウスを改修し、今年1月2日、「コロコロいちごファーム(埼玉県北葛飾郡松伏町)」をオープンしました。予約サイト「じゃらん」にも掲載し2月末の三連休には約260名以上の方が来園され、飲食スペースや駐車場が満杯になるほどの盛況となりました。

「新型コロナウイルス」による影響で、3月に入り来園者数が急激に減少し、春休みからゴールデンウィークにかけてのイチゴのロス対策が課題となりましたが、園でのパック販売、スーパーマーケットへの出荷や加工品への転換などによりロスを最小限に抑えました。

また、観光農園としての利点を活かし、松伏町役場のパンフレットや観光案内を受付カウンターに置き、遠方からの来園者に地域のPRを図る取り組みも行いました。

鉄建建設は、パートナー会社と連携し多様な事業展開を通して、農業の6次産業化や地方創生による建設業の価値創造と持続可能な社会の実現をめざします。

202006corocoro frame.pptx.jpg

JR気仙沼線・大船渡線BRT本格復旧でJR東日本より感謝状をいただきました

東日本大震災にともなうJR気仙沼線・大船渡線のBRT(Bus Rapid Transit)による本格復旧工事において、JR東日本 深澤祐二 代表取締役社長より感謝状が授与されました。202006brt01.jpg

軌道からBRT専用道へ、課題克服し本格復旧

JR気仙沼線柳津・気仙沼間および大船渡線気仙沼・盛間は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により、甚大な被害を受けました。

震災発生から約1年後の 2012年5月、BRT(Bus Rapid Transit)による仮復旧として工事に着手し、2012年8月に気仙沼線、2013年3月に大船渡線の一部区間で運行を開始しました。その後、2015年3月に本復旧として沿線自治体と合意し、2020年3月までにBRT専用道として多くの区間で本格復旧し、専用道区間を延伸しました。JRの軌道構造をBRT専用道に変更するため、バラストを利用した路床構成や軌道幅員から道路幅員へ拡幅する土留め方式などを手探り状態で採用し、課題解決のため、施工中もJR東日本様との協議検討を重ねて工事を進めてきました。

これまで一般道を迂回していたルートが専用道へ切り替わり、新しい駅も誕生しました。通学・通勤などで利用される沿線住民の方々の交通利便性がより一層高まることが期待されます。

当社は、これからも持続可能な社会づくりをめざし、質の高い交通インフラ整備に取り組みます。

BRT01.JPG
BRT02.JPG

土木学会「インフラメンテナンス(鉄道)特別委員会」シンポジウム

当社の林康雄会長が学会長を務める土木学会では、会長特別委員会として立ち上げた「インフラメンテナンス(鉄道)特別委員会」において、我が国の重要な交通インフラ「鉄道」のメンテナンスの現状を分析しました。また、働き方改革等の社会情勢の変化を踏まえ、今後の鉄道のメンテナンスと鉄道以外の公共インフラメンテナンスはどうあるべきか、多くの識者間で議論が行われてきました。

202005gakkai01.jpg

委員会の様子


6月8日に、その成果を広く公表する機会として、成果報告シンポジウムが開催されます。オンラインでどなたでも聴講でき、継続教育(CPD)の対象となっていますので、ふるってご参加ください。
※事前申し込みが必要です。>>> 詳細および申し込みフォームはこちら

202005gakkai02.png

「宮古盛岡横断道路」国道106号 松草トンネルが貫通

5月14日、岩手県宮古市で施工中の国道106号松草トンネル工事(所長:宇野淳二)においてトンネルが貫通しました。

↓ ↓ ↓ 動 画 ↓ ↓ ↓

▲スタートボタンを押すと動画が再生されます(再生時間 41秒)

東日本大震災の『復興支援道路』として、観光振興にも期待

この工事は、国土交通省東北地方整備局が事業を進める宮古盛岡横断道路(延長約100km)のうち松草トンネル(延長534m)を施工するものです。この事業は、東日本大震災で被災した沿岸部と内陸部の連携強化による早期復興支援などを目的とした「復興支援道路」として平成23年度に事業化されました。
当社トンネル工区は宮古盛岡横断道路の中でも最後に発注され、昨年4月から掘削作業を開始しました。延長のほぼ半分が低土被り、また、冬は-10℃以上になる厳しい施工条件でありましたが、無事貫通することができました。
掘削作業では、周辺環境に考慮し、通常の防音扉に加えコンクリート充填2層式防音扉を設置し発破時の騒音振動を抑えました。

道路開通により、災害時・平常時の輸送効率化や沿岸地域の観光振興に大きく寄与することが期待されています。

202005matsukusa01.jpg