月別アーカイブ

カテゴリ:プロジェクト、技術

秋田新幹線 田沢湖線「斉内川橋りょう」一夜施工で架け替え完了

秋田県大仙市長野で施工中の「田沢湖線羽後長野・鑓見内間斉内川橋りょう改築他」工事(所長:藤原博昭)で、11月14日の夜間、橋りょう架け替えが無事完了しました。


2011sainai01.jpg ▲線路切換後、通過する秋田新幹線「こまち」上り線



この工事は、秋田県が進める河川改修事業の一環として、JR東日本東北工事事務所発注で2017年7月から工事を進めてきました。 当夜の土木作業では、既設桁と工事桁の撤去の後、あらかじめ既設線路近傍で製作しておいた新桁を、けん引設備により横移動させる「横取り架設」により、一夜のうちに架け替えました。 架け替えが完了した新桁は、橋長71.1m重量約1,500tのPRC単純ランガー桁です。


2011sainai02.JPG▲架け替え前。レールの右側が新桁


2011sainai03.JPG▲桟橋上の200tクレーン2基で、既設桁を分割しながら撤去


2011sainai04.JPG▲新桁の両端に設置したけん引設備で、レールのある位置まで9.75m横移動させ架設


2011sainai05.jpg▲架設後につながったレール


2011sainai06.jpg▲斉内川上流側から、にかほ・由利本荘方面を臨む


本工事は今後、仮桟橋と既設橋台・橋脚の撤去、護岸工へと続きます。