月別アーカイブ

2020年10月アーカイブ

伊勢神改良「新郡界橋」で地元小学生の現場見学会を開催

10月6日と7日の両日、愛知県豊田市小田木町で施工中の「平成31年度153号新郡界橋PC上部工工事(所長:石崎 太郎)」において、地元小学生を対象とした発注者主催の現場見学会が開催されました。 見学会には、地元の小学校2校の全校生徒と教員あわせて113名が参加しました。

この見学会は、「あいち 土木の魅力・未来プロジェクト」の一環として実施されたものであり、未来を担う子ども達を中心に建設分野の仕事の魅力ややりがいが伝わる広報を展開するものです。

DJI_0439.JPG

▲「張出架設工法」で架設中の新郡界橋



国土交通省中部地方整備局名古屋国道事務所豊田維持出張所の赤坂 正人所長からの開会あいさつの後、複数の班に分かれて体験コーナーを回りました。橋上では鉄建マスコット「てっくん」も登場!最後にドローンによる記念写真撮影を行いました。

DSC_0040.JPG

DSC_0046.JPG

▲開会のあいさつ(下:赤坂所長)

DSC_0085.JPG

▲現道との摺り付けのための土工事で使用するバックホウの操縦体験。

DSC_0074.JPG

▲将来のけんせつ小町あらわる!?

DSC_0190.JPG

▲コンクリートスペーサーにお絵かきしています。ひとつひとつが橋の一部になります。

DSC_0300.JPG

▲バックホウのイラストに「がんばれ」の文字が!感激です。

DSC_0082.JPG

DSC_0150.JPG

▲鉄筋の交差部は、結束線を「ハッカー」でくるくるっと回して縛ります。
「筋」がいいよ!鉄筋だけに...

DSC_0126.JPG

DSC_0259.JPG

▲全国どこでも人気のてっくん。「うれしいけど、密です!(心の声)」

DJI_0433.JPG

▲1日目 明和小学校

dji_photo trim.png

▲2日目(午前)稲武小学校 中高学年

DSC_0169.JPG

▲2日目(午後)稲武小学校 低学年
あいにくの雨で空撮ができませんでしたが、きれいに仕上がったコンクリートの表面に色とりどりの傘が映えています。

■工事についてもっと詳しく>> 進行中のプロジェクト

今後完成していく道路を親しみをもって利用していただくとともに、土木の仕事に関心をもつ子どもたちが増えることを願っています。

阪和自動車道 青垣内山トンネルが貫通

9月9日、和歌山県日高郡印南町で施工中の阪和自動車道 青垣内山トンネル工事(所長:赤塚 学)において、トンネルが無事貫通しました。

2010aogaito01.jpg▲祝貫通

↓↓↓貫通動画↓↓↓
▲クリックすると動画が再生されます。(再生時間58秒)
大きく見るには右下の「全画面」をクリックしてください。

この工事は、阪和自動車道(御坊IC~印南IC間)の4車線化事業のうち、青垣内山トンネル(延長828m)のほか、供用中のトンネルへの避難連絡坑の接続、明り部においては中央分離帯の築堤盛土撤去等の土工事を施工するものです。貫通側の低土被り区間では、事前に地表から中層混合処理工による改良を行うことで、安全に貫通することができました。

2010aogaito02.jpg▲中層混合処理工を施工した貫通点

8月には見学会を開催し、印南町長をはじめ、印南町役場の方々に、坑口および坑内のトンネル仮設備やトンネル掘削機械による掘削状況を見ていただき、事業および工事への理解を深めていただきました。
引き続き、竣工に向けて、安全に留意にしながら工事を進めて行きます。

2010aogaito03.jpg▲現場見学会 トンネル切羽にて
2010aogaito04.jpg▲掘進開始側トンネル坑口

2021年度入社の内定式をオンライン形式で開催

10月1日、2021年度入社の学生を対象とした内定式を開催しました。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、同じ場所に多くの学生を招集することを避け、オンライン形式で実施しました。

2010naitei01.JPG
2010naitei03sam.JPG

画面越しではありますが、来春から共に働き鉄建の未来を担っていく仲間たちの生き生きとした表情をお互いに見ることができました。

2010naitei02.JPG

管理本部人事部では、入社されるまでの間、学業を優先しながら参加できるような内定者同士の親交プログラムやWEB社内報の発信などを行っていきます。

2020年度技術展示会情報

今年の技術展示会は、10月14日の「建設技術フェア2020in中部」を皮切りに開催されます。当社は、代表技術である「超低空頭場所打ち杭工法(C-JET18)」、立体交差工法の「HEP&JES工法」、「COMPASS工法」のほか、近畿(大阪)ではICT技術の展示を予定しています。

2010eng03.png

生産性・安全性の向上をめざす鉄建のICT技術

ICT技術分野では、3Dスキャンで施工管理の生産性向上を実現する「配筋検査システム」、橋りょう張り出し施工管理の省力化、効率化を図る「鉄建橋梁管理システム」、トンネル分野からは「走行・傾斜測定システム」を展示します。 ぜひ鉄建ブースへご来場ください。
なお、展示会への参加は、継続教育(CPDS)制度の対象となっています。

2010eng02.png▲配筋検査システム