月別アーカイブ

カテゴリ:プロジェクト、CSR

原宿駅新駅舎が供用を開始

当社は、東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、混雑緩和や利便性・快適性向上などを目的として、2016年6月より原宿駅の改良工事を進めてきました。
3月21日の初電から、新駅舎と新ホームの供用が開始されました。


202003harajuku01.jpg ▲新駅舎全景


202003harajuku_omote.jpeg ▲駅東口(表参道側)


202003harajuku_home.jpeg
▲新設ホーム(山手線外回り)


■原宿の新たな玄関口の供用開始を迎えて


●小野 玄治 土木作業所長
既存の駅の機能を生かしたまま、駅舎新設のための土木工事を進める中、工程上の多くの課題に直面しました。発注者および当社、協力会社と一丸となり、熱意と行動力を持って協議・検討を密に重ねながら工事を進め、3年半の年月を経て、新駅舎・新ホームの供用開始を迎えることができました。人と人との出会い、プロジェクト完遂への熱意、すべての関係者の方々と一丸となってやり遂げた賜物と思います。
作業所を代表して、関係者の皆様のご尽力に改めて感謝を申し上げます。

●佐々木 大資 建築作業所長
土木工事着手から半年後の2017年3月、橋上駅舎下部工の鉄骨製作から着手し、駅舎新設とコンコース、改札口、トイレの拡張などを行ってきました。この新駅舎が令和とその先の時代も愛される駅舎に育ってくれることを願っています。大正に生まれ、昭和・平成・令和と時代を超えて愛されてき既存駅舎は、今後解体され跡地を再利用する計画が進んでいるそうです。新駅舎と並ぶ原宿の新たなランドマークの新設に今後も参画できれば幸いです。

●福田 翔大 事務担当
工事期間中の年末年始には、初詣者数日本一を誇る明治神宮の参拝客対応として、臨時改札や仮跨線橋の設置、ホームドア復旧などにより混雑緩和と安全誘導の強化を行いました。完成した新駅舎は、地元の方々のご理解により、歴史ある原宿駅周辺の景観に調和した趣のある駅舎となっています。続く工事も、お客さまの安全の確保を最優先とし、円滑に工事が進むよう「縁の下の力持ち」として精一杯サポートしていきます。


202003harajuku_2f.jpg▲新設ホーム直上の2Fコンコース


202003harajuku_fuki1.jpg▲コンコース内吹き抜け


202003harajuku_night.jpg


オリンピック・パラリンピック開催時の鉄道交通網の向上のため、供用開始後も土木と建築が一体となり改良工事を進めています。