月別アーカイブ

2019年05月アーカイブ

FBCテレビに北陸新幹線・九頭竜川橋梁の現場が登場

当社が施工中の北陸新幹線・九頭竜川橋梁の現場(所長:平田惣一)が、福井放送で放映されます。
敦賀開業までの気になる進捗状況も紹介されますので、視聴可能な方は、ぜひご覧下さい!

201905FBC_01.jpg▲5月10日の取材の様子

【放映について】

・放送局  FBCテレビ(福井放送)
・放送日  2019年5月26日(日)7:00-7:30
・番組名  おはようふくいセブン
・内 容  北陸新幹線の金沢・敦賀間の開業まであと4年!
      県内の新幹線工事の進捗状況をはじめ経済波及効果や4つの
      新幹線駅舎の外観・内装の詳細も紹介。(番組HPより)

仙台駅で駅ビル直結のオフィスビルが着工

201905senndai_02.JPG▲安全祈願祭での鍬入れのようす

4月19日、東北支店は「(仮称)仙台駅東口オフィス」の建設地にて安全祈願祭を執り行いました。祈願祭には、事業主のJR東日本さまや運営会社の仙台ターミナルビルさまをはじめ、弊社の伊藤泰司社長ら本プロジェクトの関係者の方々48名が参列しました。

201905_senndai01.jpg

▲建設するオフィスビル外観(イメージ)

2020年に開業をめざす高規格オフィスビル

このビルは、JR東日本さまにとって首都圏以外では初となるオフィスビルであり、仙台駅直結という利便性と災害に強い性能を兼ね備えた高規格オフィスビルです。1 階には大きな吹抜けが設けられ、そのホールを利用して地域イベント等が定期的に開催される予定で、仙台駅東口をはじめ駅周辺の活性化に寄与することが期待されています。

鉄建建設はすべてのプロジェクトに参画

鉄建建設は仙台駅東口開発において、2016年3月に開業した東西自由通路・駅舎・エスパル東館、そして2017年6月に開業したホテルメトロポリタン仙台イーストに続く、3つめのプロジェクト参画となります。また、今回のプロジェクトによって、一連の再開発が約8年越しで完了します。すべてのプロジェクトに携わってきた誇りを胸に、これまでの経験を活かして工事を進めてまいります。

201905senndai_03.JPG

▲1階エントランスホール(イメージ)

【建物概要】
・敷地面積  約29,100㎡
・延床面積  約25,700㎡
・規 模   地下1階/地上13階
・構 造   S造(地下部SRC)
・建物高さ  約60m
・工 期   約22ヶ月

「EE東北'19」に出展(6月5、6日)します

6月5,6日仙台市で開催される「EE東北'19」に鉄建建設イチオシの3つの技術を展示いたします
EE東北'19は、新素材や新工法、時代のニーズに応える最新の建設技術を公開するイベントです。
入場は無料となっておりますので、ぜひ当社ブースへお越し下さい。

reefret.jpg

↑パンフレットはこちら

【EE東北'19概要】

  • 開催日程 2019年6月5日(水)、6日(木)
  • 会場   夢メッセみやぎ(仙台市)
  • 展示技術 (A-73ブース)

      ■ ヒートパイプを用いたパイプクーリング工法
         ~マスコンクリートのひび割れ抑制対策~

      バイオマスガス発電
         ~刈草、剪定枝等の植物廃材から環境に優しい方法で発電~

      新COMPASS(コンパス)工法
         ~道路下などで河川や歩道の小断面構造物の築造に用いられる非開削工法~

  • プレゼン技術(6月6日 13:15~13:30 本館会議棟Aホール)
      ヒートパイプを用いたパイプクーリング工法
     
  • 詳細は「建設技術公開EE東北'19」ホームページをご覧下さい。http://www.thr.mlit.go.jp/tougi/eetohoku/ee19/menu.html