月別アーカイブ

カテゴリ:イベント

福井大学生が北陸新幹線の工事を見学

11月15日、当社が施工している北陸新幹線の工事現場で見学会が開催され、福井大学工学部の学生(建築・都市環境工学科3年生)30名と講師1名が、福井県越前市のJV武生トンネル作業所(所長:唐戸裕二)、および南条郡南越前町の当社日野PC作業所(所長:御宿淳一)の2つの現場を訪れました。


20181115_07take.jpg今回の見学会は「授業の一環」として行われています


最初に訪れた武生トンネル作業所は、延伸工事区間の福井県内にある6つのトンネルのうちの一つで、延長2,470メートルをNATM工法で施工しており、今年10月時点で約1.5キロの掘削が終了しています。まず工事概要や、施工方法、トンネルが通る箇所の地質状況などを所長が説明した後、実際にトンネル内部の施工状況を見学してもらいました。


20181115_09take.jpgトンネル工事見学では学生全員がマスクを着用


今回は複数の構造物を造る様子を見てもらうため、続いて日野川にかかる全長310mの橋梁の現場に移動しました。移動の車中では、土木本部トンネル技術部 宇田誠部長が、当社の北海道新幹線トンネル現場動画を例にトンネルの施工方法について説明し、勉強してもらいました。
学生の皆さんには、大学で得た知識に加えて、作業現場を見学していただくことで、土木工事によりいっそうの興味や関心を持っていただけたようです。


20181115_03hino.jpg日野川橋りょう工事の現場で説明を受ける学生たち