カテゴリ:イベント、CSR

未来のけんせつ小町へ 羽沢で現場見学会

8月22日、横浜市神奈川区の相鉄・JR直通線の新駅である羽沢駅(仮称)の建設現場(所長:佐野誠・田中利明)で「けんせつ小町活躍現場見学会」が行われました。この見学会は、日建連(日本建設業連合会)の呼び掛けで、建設業の女性の担い手を増やすため、女子小中学生と保護者を対象とし毎年実施しています。とても人気のある見学会で、今年も募集は1日で定員に達し、小学生8名、保護者7名の計15名が参加しました。


hazawa0822_05.jpg工事の説明を熱心に聞く子どもたち


見学会の進行は当社で働くけんせつ小町たちが主となり、最初にダイバーシティ推進部の小山美月が司会をしながら、JV羽沢建築作業所で働く檜山祥子さん、宮崎萌さん、山本理紗さん、欧陽笛雲さんが工事の概要などについて説明をしました。


hazawa0822_04.jpg地下2階で建設中のプラットホームや軌道を見学


その後、普段は見ることのできない建設中の駅舎やホームを見学し、続くお仕事体験で1階コンコースの改札付近で、壁のタイル張りに挑戦。緊張しながら丁寧にタイルを張り付けていました。


hazawa0822_01.JPGタイルの張り方を子どもに寄りそって教える


質問コーナーでは小学生から「けんせつ小町になったきっかけはなんですか?」とあり、けんせつ小町たちが「ものづくりが好きで建設業を選びました。人の生活を間近に支えられるすてきな仕事です」「水害で被災したときに、復旧に従事する人に憧れてなりました」など建設業ならではの魅力を伝えました。


hazawa0822_03.JPGJV羽沢建築作業所のけんせつ小町


お仕事体験の後は、当社のマスコットキャラクター「てっくん」が登場し記念撮影。ひと仕事終えた子どもたちの表情は達成感と笑顔にあふれ、けんせつ小町に興味を持っていただけた見学会になりました。


hazawa0822_02.JPGてっくんと笑顔で記念撮影する子どもたち