月別アーカイブ

2017年08月アーカイブ

大和御所道路(御所南IC~五条北IC間7.2km)開通

2017年8月19日、鉄建建設が施工を担当した「風の森トンネル」を含む、国道24号 京奈和自動車道大和御所道路(御所南IC~五条北IC間7.2km)の開通式典が開催されました。

新田東佐味T坑口.JPG

風の森トンネル入口(大阪支店 新田東佐味作業所 長崎昭一郎所長)

開通式3A.jpg

テープカット(御所南パーキングエリア付近)


●関連記事:京奈和自動車道新田東佐味トンネルが貫通
https://www.tekken.co.jp/blog/2017/05/shindenhigashisabi.php

新清水PC作業所にて「ハイウェイみて!みて!ツアーズ」開催

DSC_0568.JPG梶原所長による現場説明

817日、新清水PC作業所(所長:梶原勇二)にて現場見学会が開催されました。この作業所は新東名高速道路の新清水ジャンクションで中部横断自動車道が接続するランプウェイを建設しています。今回の見学会は、NEXCO中日本主催の「ハイウェイみて!みて!ツアーズ」として「道の日(810日)」および「道路ふれあい月間(8月)」にあわせて、普段見ることのできない建設現場の見学などを通し、高速道路を身近に感じてもらうことを目的にしています。当日は、小学生以上の親子約60名が参加しました。

PCkyo.JPG(左)床版上へ向かう工事用エレベーター、(右)床版上の様子

見学会では、まず工事内容や工法の説明を聞いてもらい、次に実際にPC橋りょうの現場を訪れ、さらに「お仕事体験」をしました。

PC橋りょうの見学では、工事用エレベーターで地上約36mの床版上にのぼり、橋りょう上を歩きました。普段はあまり見られない景色に参加者は感嘆の声を上げていました。

「お仕事体験」では鉄筋結束のやり方や測量を体験しました。なかでも、鉄筋の結束は、親子が一緒に結束に挑戦しましたが、「うまくいかず結び目が壊れてしまう」と予想外の難しさに、懸命に取り組んでいました。

DSC_0587.JPGお仕事体験(鉄筋の結束)

DSC_0618.JPGお仕事体験(測量)

最後にこの橋りょうが「思い出の橋」となるように、これから実際に橋の一部なるスペーサー(鉄筋の間隔を確保する部材)に一人ひとり願いや夢を書いてもらいました。

平成30年度の開通をめざし、見学会に参加された方々の「思い出の橋」を、これからも安全に工事を進めていきます。

施工場所Google Map → https://goo.gl/maps/348JLY5RsDN2

DSC_0653.JPGスペーサーに夢や願いを書き込む様子

いま注目の「リファイニング建築」見学会が開催されました

kengakukai01.JPG

現場見学会の様子

8月2日、秋田駅前の大型百貨店を改修中の秋田フォーラス作業所(所長:加藤巧)にて青木茂建築工房主催の解体現場見学会が開催され、大手デベロッパー、大手住宅メーカー、銀行、不動産所有者らが東京をはじめ県内各地から訪れました。はじめに「リファイニング建築」提唱者の青木茂氏から、「さらに50年もつ建物に生まれ変わらせたい」とご挨拶がありました。

「リファイニング建築」とは、「既存躯体の約80%を再利用しながら、建て替えの60〜70%のコストで、大胆な意匠の転換や用途変更、設備一新を行い、建物の長寿命化を図る新たな再生手法」です。鉄建建設ではこれまで、東日本大震災で「半壊」認定を受けた建物など2棟の施工を行っています。

老朽化した築43年の百貨店は、耐震性向上と意匠性に富んだ新たな商業ビルへと生まれ変わります。

施工場所Google Map →https://goo.gl/maps/c2THUZXEuR92

gaiakan.JPG

秋田フォーラス外観

genba.JPG

軽量化のため新設した4階までの吹き抜け

歴史を伝える事件碑を再設置(生麦事件)

kinenhi.jpg

元の位置に再設置された事件碑

7月12日、生麦事件碑※1移設式が執り行われ、発注者の首都高速道路株式会社さまをはじめ、来賓の方々16名が参列されました。
神奈川県横浜市鶴見区生麦(武蔵国橘樹郡生麦村)にある事件碑は、首都高速神奈川7号横浜北線の工事にともない、平成22年12月に200m離れた旧東海道沿いに仮移設されていました。
今回周辺の工事が完了し、新設された高架下整備工事のひとつとして、当社にて元の位置に再設置しました。(首都高生麦作業所 所長:桝谷正治)
155年前の8月21日に起こった幕末の歴史をこの場所※2でこれからも伝え続けてくれます。

※1 生麦事件・・・幕末の薩摩藩士によるイギリス人殺傷事件。1862(文久2)年8月21日島津久光の行列は,神奈川の生麦村付近で,騎馬のイギリス人リチャードソンら4名と行き会い、薩摩藩士は1名を斬殺・2名を負傷させた。当時は攘夷運動が最高潮に達していた事情もあり、賠償問題は難航、翌年の薩英戦争の原因となった。(ブリタニカ国際大百科事典)
※2 Google Map Link https://goo.gl/maps/mmgD8wRRjiJ2

isetsushiki.JPG

生麦事件碑移設式