月別アーカイブ

2017年02月アーカイブ

JV九頭竜作業所で、大学生を対象に現場見学会を開催しました。

2月17日(金)当社が福井県で工事を進める、JV九頭竜作業所において、地元福井の大学生を対象に現場見学会を開催しました。JV九頭竜作業所では北陸新幹線金沢~福井間の延伸工事が進められており、1月24日~25日に延伸区間で初の桁架設が完了するなど話題の現場です。

IMGP2930.JPG

延伸区間で初めて架設されたPC桁

見学会は始めに事務所で案内役の当社社員の自己紹介などオリエンテーションから始まり、作業所長から工事の概要の説明がありました。DSC_0751.JPG

オリエンテーションの様子

その後、当工区のメインである九頭竜川に架かる7径間連続ラーメン箱桁橋の工事を中心に見学しました。九頭竜川左岸では橋脚工事が終了し、桁の架設工事が始まっています。やじろべえのように柱から左右に張り出して桁を製作する「張り出し架設工法」が採用されています。学生たちも興味深く聞き入り、吉住副所長の説明にも力が入ります。

DSC_0763.JPG

九頭竜川左岸で桁架設工事が進む(張り出し架設工法)

DSC_0811.JPG

工事内容を説明する吉住副所長

続いて右岸へ移動、こちらでは橋梁の基礎をニューマチックケーソン工法にて施工中です。大掛かりな設備を目の当たりにした学生さんから、質問が多数寄せられました。

DSC_0836.JPG

九頭竜川右岸では橋脚基礎工事が進む(ニューマチックケーソン工法)

新幹線延伸工事は注目度の高い工事です。学生さんはもちろん地域の皆さまにも工事を知っていただけるように情報発信にも努めます。

JV牧港作業所が浦添宜野湾漁業共同組合様より感謝状をいただきました

makiminato_04.JPG

浦添宜野湾漁業共同組合様より感謝状を受け取る菅原広道所長

沖縄県では現在、浦添市港川から宜野湾市宇地泊を結ぶ浦添北道路(延長2.0km)の建設が進められており、牧港高架橋(延長約690m)もこの中に含まれます。

JV牧港作業所が担当する「平成27年度牧港高架橋上部工(P7~A2)工事(発注者:内閣府沖縄総合事務局)」は、牧港高架橋のうち、P7橋脚からの張り出し架設とA2橋台を結ぶ橋梁上部工事です。

makiminato_03.jpg

当社施工区間(P7橋脚~A2橋台)の様子

浦添北道路は沖縄西海岸道路の一部を構成する地域高規格道路で、一般国道58号の交通混雑緩和や沿道環境の改善、那覇港・那覇空港へのアクセス強化による物流機能の向上など幹線道路網の形成を目的に整備が進められています。

makiminato_02.jpg

漁港を横断するP4~P7間の工事状況

浦添宜野湾漁業共同組合様の敷地近くに、施工ヤードを構え工事を進めていることもあり、漂流物などが放置されていた敷地を片付け整理し、仮設水道を整備するなど環境改善に協力いたしました。

この取り組みを評価いただき感謝状を受け取ることができました。これからも、地域と協力し合いながら工事を進めて行きたいと考えています。

makiminato_01.jpg

いただいた感謝状

てっけんブログがてっけんPLUS+としてリニューアルしました

tekken_mascot.png

鉄建建設コーポレートサイトリニューアルに伴い「てっけんブログ」もリニューアルし、名称は「てっけんPLUS+」(てっけんプラス)となりました。

これからもリアルタイムで鉄建建設の「今」をステークホルダーのみなさまにお伝えしていきます。

リニューアルに際して、当社のマスコットキャラクターを紹介させていただきます。

当社には現在3人と2匹(?)のマスコットキャラクターがいます。

左から、「鉄建おやじ」、「かんださん」、「けいちゃん」、「てっくん」、「みさきさん」です。

工事の説明資料、注意喚起の安全看板、仮設足場のメッシュシート上、そして現場見学会での説明役(着ぐるみ)としてなど、彼らの活躍の場は多岐にわたります。

今後ひとりひとりについてはこの「てっけんPLUS+」でみなさまにご紹介していきますので、よろしくお願いします。