月別アーカイブ

2016年10月アーカイブ

クローラークレーンに試乗!土木科高校生の現場見学会

washinosu_03.jpg

現在当社は、建設共同企業体で新潟県関川村鷹ノ巣のこ線橋新設工事を行なっています。

10月26日、発注者である国交省羽越河川国道事務所主催による現場見学会が開催されました。

見学会に参加されたのは新発田南高校土木科3年生の生徒さん41名、引率の先生1名でした。

当現場では、クローラクレーンの試乗を体験してもらいました。

washinosu_01.jpg

現場の説明を聞く学生さん


washinosu_02.jpg

クローラークレーンにも乗っていただきました

建設技術総合センターで視覚障害者の鉄道体験会

~模擬線路でホームの構造や列車非常停止警報装置などを体験~

10月19日(水)市原市福祉会館主催による身体障害者の社会適応訓練を、建設技術総合センターで開催しました。

市原市内の視覚障害者10名(+介助者11名)が参加され、杖でホームの高さを確認したり、非常停止ボタンを実際に押すなど、鉄道施設に実際に触れて、事故から身を守る方法を学びました。

当日は日本テレビの取材を受けました。(日テレNEWS24)

http://www.news24.jp/articles/2016/10/19/07344097.html

ichihara_01.JPG

杖でホームの高さを確認する参加者

ichihara_02.JPG

非常停止ボタンを操作する参加者

当社では2011年より同様の取り組みで今までに3回、千葉県立千葉盲学校の生徒さんたちの体験学習に協力しており、今回は同校からの紹介を受けた市原市福祉会館から依頼をうけました。

ichihara_03.JPG

ホーム下への避難を体験する参加者

ichihara_04.JPG

踏み切り設備の説明を受ける参加者

視覚障害者のホームからの転落など痛ましい事故が記憶に新しい中、実際の鉄道設備に触れることで、駅の構造や鉄道の仕組みを理解していただき、事故を防ぐことが目的です。

視覚に障害のある方たちが安全に暮らせる社会を提供することも、当社の役目の一つと考えこれからも協力したいと考えています。

ベトナムのハノイ事務所を拡張移転しました

Hanoi_03.jpg当社が改修したハノイ~ホーチミン間の橋梁

当社はベトナムの鉄道や道路のインフラ整備工事を数多く行なっています。

ハノイ~ホーチミン間を南北に縦断する南北鉄道の橋梁改修工事23橋に携わったほか、中部地方の橋梁改修では道路橋4ヶ所を担当するなど、ベトナムの鉄道や道路整備に数多くの実績があります。

2016年9月10日、ベトナムでの事業推進計画の一環として、同じハノイ事務所を拡張移転しました。

新しい事務所はキンマー通り東の端、空港から約30分と便利な場所にあります。

Hanoi_01.JPG
ハノイ事務所のメンバー (サンダルはベトナムスタイルです)

事務所は現在、現地スタッフを含め6名体制です。

今後も鉄道、道路、上下水道などのインフラ整備を通じて、ベトナムに住む皆さんのお役に立てるよう努めてまいります。