2015年12月アーカイブ

笛吹川沿岸での清掃活動

社会貢献活動2.JPG

当社は、関東農政局が行なっている農業施設の清掃活動に毎年協力させていただいています。

年に三回、笛吹川沿岸のかんがい用の貯水施設など農業関係施設の清掃協力も7年目となりました。

清掃範囲は非常に広範囲に渡るため、作業場から作業場へは車を使い、順番に清掃を行います。 社会貢献活動1.JPG

作業前

社会貢献活動3.JPG

作業後

作業は大変ですが、笛吹川の沿岸は空気がおいしく、美しい景色を堪能できます。

帰りは近くの温泉でのんびり汗を流すのが密かな楽しみとなっています。

震災復興を見てもらおう!現場親子体験会(常磐山下作業所)

東北所ファミリーデー (2).jpg

東日本太平洋沖地震に伴う津波の影響で、JR常磐線駒ヶ嶺駅~浜吉田駅間の鉄道施設は壊滅的な被害をうけました。

当社ではそのうち、山下工区(宮城県亘理郡山元町)4.8km区間の復旧に取り組んでいます。

この工区は、橋やトンネル、道路、駅など様々な工事にわたるため、多くの方が見学に来られます。

東北所ファミリーデー (3).jpg

トンネル内ではサンタさんとてっくんから子供たちへのプレゼントがありました

ご発注者のJR東日本さんでは、社員の家族を職場に呼び、見学してもらう「ファミリーデー」という取り組みがあります。

その「ファミリーデー」の見学箇所に、この山下工区が選ばれました。

トンネル内の見学中、サンタさんと当社のマスコットキャラクター「てっくん」が登場。

サンタさんから子供たちへプレゼントがあり、子供から大人まで大歓声が上がりました。

東北所ファミリーデー (4).jpg

当日は絶好の見学日和となりました

山下駅ホームの見学では、工事が進んできた線路や駅舎のようすにみなさん興味津々。

当日は、澄み切った空の元、見晴らしの良い景色が見られました。

東北所ファミリーデー (1).jpg

参加者の皆さんとトンネル前で記念撮影

地域復興の要となる常磐線の1日も早い復旧に向けて、所員一同、がんばります!!

羽川こ線橋見学会(秋田大学理工学部土木環境工学科)

羽川現場見学会1.jpeg

現場代理人より説明を受ける秋田大の皆さん

秋田県秋田市下浜の沿岸部では国道7号線下浜道路事業の一環として、羽越本線の上空を通過できるよう、全長145.1mのこ線橋を新設する工事を行っており、そのうち 当社はこ線橋の線路上空部分(102.9m)の工事を担当しています。

11月13日、秋田大学理工学部土木環境工学科生の皆さんが、現場見学に来られました。

見学前には、国土交通省秋田河川国道事務所のご担当者様が下浜道路事業の概要を、 当社現場代理人が工事概要や「送り出し工法」を説明をしました。

羽川現場見学会2.jpeg

快晴の中、橋桁の上を見学

当日は快晴にめぐまれ、絶好の見学びより。

橋上に上った際、学生さん達は「大学の研究では経験できないこと」と感動していました。

今回の見学会で、建設業への興味・関心を持っていただき、近い将来、建設人として活躍されることを期待しております。

羽川現場見学会3.jpeg

未来の建設人、秋田大学理工学部土木環境工学科3年生のみなさん 

JR総武線「シャポー船橋」オープン

シャポー船橋 (1).jpgシャポー船橋オープン前のようす

11月13日、JR総武線船橋駅直結のショッピングセンター「シャポー船橋」がリニューアルオープンしました。

この工事は、2015年2月1日から2015年10月25日の工事期間約10ヶ月で原状回復工事から着手しました。

シャポー船橋 (4).jpg船橋駅直結のシャポー船橋


シャポー船橋 (3).jpg
店内のようす

シャポー船橋の駅コンコースと吹き抜けの版張りと店舗としての増床、共用部(共用通路、客用トイレ、一部屋上防水)の老朽化に対するリニューアル工事と、38店舗あるテナントの店舗改修で、面積はB1F、1F合わせ7613.6㎡となります。

このほど無事竣工を迎えることができました。

ご協力いただきました関係各位にお礼申し上げます。