月別アーカイブ

2014年10月アーカイブ

中部横断自動車道の建設現場で見学会を開催しました!

平成261018日(土)、当社が施工を担当する大石川橋上部工事(施工場

所:長野県南佐久郡佐久穂町)において、地域住民の皆さまを招き、現場見学

会を開催しました。

当日は、天候にも恵まれ、25名の方に参加をしていただきました。 佐久穂1.JPG


   

大石川橋上部工事は、「張り出し架設工法」と呼ばれる特殊工法によって、
まるで「やじろべえ」のように左右のバランスを取りながら、柱部分から
    

左右に伸びるように空中で橋桁を作って行きます。

佐久穂2.JPG

見学会のはじめに工事の概要や工法の説明をパネルと模型を使って

説明しました。

佐久穂3.JPG

難しい工法も模型による説明で理解を深めていただいたようでした。

模型.jpg

     

  

     

工事内容の説明を受けたあと、参加者の皆さんには、
工事用エレベ
ーターを利用して橋の上に向かっていただきました。

佐久穂4.JPG

      

橋の上に到着しました。橋の高さは地上から約40mです。

佐久穂5.JPG               自分の家を橋の上から写真撮影!

    

「橋梁がどのようにして伸びて行くのか?」、「日ごろどのように工事を進めているのか?」
皆さん興味津々。多くの質問がありました。

佐久穂6.JPG

見学会の最後に橋をバックに記念撮影

佐久穂7.JPG

 当社の工事は今後も続きます。安全に留意して、地域の皆さまに喜んでいただ

 ける構築物をつくるよう進めてまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

 

全社一斉防災訓練を実施

全社一斉防災訓練を925日(木)に実施しました。

各地域で震度6強の地震が発生したと想定し、「鉄建事業継続計画=TEKKEN BCP=」に基づいた安否確認訓練、人命救助訓練、復旧対応訓練等を実施しました。

訓練には、本社及び全国の8支店、グループ会社を含む1,900人の社員が参加しました。

     

            災害発生後、まず社員の安否確認訓練を行いました

DSCF1650.JPG

今回の訓練では、災害発生時の体制と役割分担を確認するため、対策本部長(社長)の到着が遅れるという想定で訓練を行いました

1.対策本部立上訓練.jpgのサムネール画像

    

      現場(武蔵野作業所)で、作業員の救出訓練をおこないました
      (写真は対策本部においてTV電話により現場の状況を確認)

3.現場における救護訓練.jpg 

分かれて対応.JPG

訓練の最後に非常用備蓄品(アルファ米・乾パン等)を試食しました

非常食の試食.JPG 今回の訓練を通して、「鉄建事業継続計画=TEKKEN BCP=」の課題を抽出し、計画の見直しをおこなうことにより、BCP体制を強化してまいります。

「命の道」をつなげます

 

平成26918日近畿自動車道紀勢線富田第一トンネル(L=166m)が無事貫通いたしました 

 

富田トンネル1.jpg

当社は、和歌山県西牟婁郡白浜町富田(とんだ)において、平成25年6月から工事を行い、富田第一トンネル(L=166m)・富田第二トンネル(L=192m)・秋葉橋の橋台 橋梁等の工事を行っています

 

 

 

 

 

トンネルが貫通した当日は、地元区長をはじめ、発注者・関係者の方々にご列席をいただきました

富田トンネル2.jpg 

 

 

 

平成263月には富田第二トンネルも無事貫通しました

 

富田トンネル3.jpg

 

 

 

 

 

工事は続きますが、大きなヤマ場を終え、現場責任者より感謝の挨拶をさせていただきました。(すこし緊張しました)

富田トンネル4.jpg

 

 

 

当路線は今後発生が懸念されている東南海地震発生に伴う津波により、寸断が想定される国道42号の代替ルートとしての役割を担っています。

安全安心な高品質の構造物をつくり、地元住民の方の「命の道」として貢献できるよう努めます。

 

以 上