月別アーカイブ

2014年08月アーカイブ

道場生野作業所が紹介されました

 当社施工の新名神高速道路道場生野工事(発注者:西日本高速道路株式

 

社)が建設通信新聞のブログに紹介されました。

 

 

http://kensetsunewspickup.blogspot.jp/2014/08/jct.html

 

 

職場の雰囲気や安全の取り組み等が紹介されています。

俵坂トンネル(東)が無事貫通いたしました

 当社が施工をしている俵坂トンネル(東)工事について「うれしのほっとステーション」(※)で紹介されました。

 

※「うれしのほっとステーション」はテレビ九州、藤津ケーブルビジョンにて放送されています。

 

俵坂トンネル(東)は、九州新幹線西九州ルートのうち、武雄温泉を起点として11km735m14km400mnの間にトンネル(延長2,645m)を構築するものです。 

 

 

番組では、地域の皆さま・工事関係者が一緒になって、トンネルの貫通を立会った状況について放映されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ROCdsWa35cw&app=desktop

 (現場の貫通立会いについては、3:00頃から放映されています。)

 

 

貫通式という形ではなく、実際の施工中の現場の貫通状況を地域の方と一緒に立ち会う機会は多くはありません。

 

 

  工事も終盤となりましたが、完成に向けて、引続き無事故・無災害で高品質の構築物をつくるよう所員一同努力してまいります。

国交省中国地方整備局ポスターに当社施工「神之瀬川橋」が採用されました

 

 国土交通省中国地?整備局では、地域の皆様に整備局の地域づくりに関?をもっていただき、社会資本整備の重要性などについてさらに理解を深めていただくことを?的として、ポスターをつくられました。

 

 当社が施工しました「神之瀬川橋」の美しい景観が採用されていますのでご紹介します。

 

 

神之瀬.png

 

中国地方整備局のプレスリリースはこちら

http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2014aug/140804top.pdf

 

 

 

JR東日本千葉支社主催の千葉駅・駅ビル建替え工事見学ツアーが開催されました

平成26年7月20日(日)、総武本線市川~佐倉間開業120周年記念のイベントとして、千葉駅・駅ビル建替え工事見学ツアーが開催されました。

 

 

当社は、同工事において最大杭径3mの大口径の場所打ち杭を、駅ホームや高架下などの非常に狭隘な作業空間において、当社保有技術である「超低空頭場所打ち杭工法」により施工しています。

 

 

    超低空頭場所打ち杭工法・・・http://www.tekken.co.jp/tech/ground/index7.html

 

 

 

 

 

 当日は、非常に蒸し暑い中、約40名の方々に見学していただきました

 

千葉駅写真2.jpg

 

  「歩行時にホームの仮囲いが邪魔だと思っていましたが、狭い場所で、

 こんな大変な作業をしていたとは・・・」といった感想もいただき、工

 事の内容をより多くの方々に知っていただく重要性を再認識いたしまし

 た。

 

  

 

ご見学いただいた皆さまありがとうございました。 

 

 今後も、お客さまの工事の影響を最小限にする努力をおこなってい

きますので、よろしお願いいたします。