2012年05月アーカイブ

トンネル工事で安全祈願祭(神事の『化粧木』をご紹介)

平成24年5月17日、埼玉県発注「1号トンネル工事(国道140号皆野秩父バイパス計画において延長241mのトンネルを建設する工事)」の工事安全を祈って、当社関越支店JV秩父作業所にて安全祈願祭をとり行いました。

JV秩父_①.jpg

これはトンネル坑口の上ですが、木材が飾られてあります。

これが『化粧木(けしょうぎ)』です。

形は伊勢神宮御本殿の屋根の飾り木を模倣してあります。山の神(女性神)に対する敬虔を表しています。

化粧木の右(根元部)には天照大神、左(木先部)にはウブヤフキアエズの命(神武天皇の父親)を祭るとされています。長さは、三尺六寸分=1.2mの反りのある、太い松やヒノキを横にして、両端が角のように加工して飾られています。

 

JV秩父_②.jpg

 

三崎神社例大祭に参加しました

 

祭り_1.jpg5月4日、5日に三崎神社の氏子である周辺9町会が参加する「三崎神社例大祭」が盛大に開催されました。当社の本社所在地である三崎町二丁目は神田三崎町町会に属しており、隔年で開催されるこの祭礼に当社も毎回参加しています。今回も精鋭約30名にて当社を代表して5月4日の例大祭に参加しました。

神田三崎町町会の神輿を納めておくお仮屋、お神酒所などの本部機能を当社の本社前に設置し、樽酒の鏡割りなどの後、時折、雨の降るあいにくの天気の中ではありましたが、いよいよ出発です。午前中は町会の神輿のみで町内会を練り歩き、午後から9つの町会の神輿が勢ぞろいし、三崎神社へ宮入りを行います。(我々社員も積極的に神輿担ぎに参加し、祭りを盛り上げていましたよ。しかし、神輿を担ぐ肩が痛い・・・) 9町会の神輿が並び町内を練り歩く姿は壮観で、神輿を担ぎながら何ともいえない一体感を感じました。宮入り後には雨も上がり日差しの差す中、再び町内会を練り歩き、当社の本社前に戻ってきました。最後に、当社の本社前にて「神田一本締め」(ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん)で締めを行い本日のお祭りは終了しました。

 

祭り_2.jpg 祭り_3.jpg

総合技術賞(土木学会東北)の受賞者に選定されました

 土木学会東北支部の総合技術賞に2010年度分2件、2011年度3件、計5件のうち、当社施工の工事がそれぞれの年度に1件、計2件選定されました。

総合技術賞受賞.jpg

2010年度分「東北本線太平寺こ道橋新設工事」
企業者=福島県 施工管理者=JR東日本
施工者=鉄建・佐藤工業・仙建工業
〔選考理由〕新幹線と在来線の直下で横断道を構築した工事。HEP&JES工法COMPASS工法を併用し、新幹線に影響を与えない構造および施工法と在来線軌道への影響を抑えるエレメントけん引速度を向上させる改良を施した。

 

総合技術賞受賞_2.jpg2011年度分「東北新幹線高速化に伴うトンネル緩衝工整備」
企業者・施工管理者=JR東日本
施工者=鉄建
〔選考理由〕新幹線高速化に伴うトンネル入口部緩衝工整備で新たな微気圧波低減構造の開発

建設技術総合センターがメディアの取材に対応

●建設技術総合センター

 

4月9日にスカパー!HDで放映されている『中川家礼二の鉄学の時間』の取材に対応しました。

番組は芸能界屈指の鉄道好きである中川家礼二さんが、視聴者から寄せられた鉄道に関する様々なギモンを解決する番組です。その第5回疑問「営業中、どうやって新駅工事をしているの?」を解決するために当社の建設技術総合センターへ取材にいらっしゃいました。

 

 

 

  事故の情報展示館 TV取材.jpg 

○放送局 : CS放送 スカパーch255 鉄道チャンネル

○放映日 : 2012517日 1730~ 他

※facebookの「鉄道チャンネル スカパー!255ch」のタイムライン 4月のハイライトにも取材状況が掲載されています。

国交省中国地方整備局 23年度本官工事成績評定で最高点

下門田_完成写真.jpg 

このブログで何度がご紹介しました大阪支店下門田PC作業所で施工いたしました「尾道・松江自動車道下門田橋PC上部工事」工事成績評定が中国地方整備局管内での昨年度最高点となりました。(中建日報社調べ)
ご協力いただいたご近隣他関係各位へ良いご報告ができると工事関係者一同喜んでおります。

  中建日報.jpg