2011年10月アーカイブ

ハイウェイテクノフェア2011に出展します

 きたる10月27日(木)より28日(金)まで、江東区有明の東京ビックサイトにて行われる『ハイウェイテクノフェア2011』に、当社も出展いたします。

 コンクリート構造物の維持管理に焦点を当て、当社の補修補強技術を紹介いたします。先般、NEXCOのはく落防止性能証明書を取得した、タフメッシュ工法の詳しいご説明をいたします。

 その他、高速道路・鉄道下のアンダーパス工法、HEP&JES工法の紹介や、空頭2mでも杭打ちが可能な超低空頭場所打ち杭工法も紹介いたします。

【C-13】の鉄建ブースにて、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

■展示会概要

名称:高速道路を支える最先端技術 ハイウェイテクノフェア2011

期間:2010年10月27日(木)~28(金) 10:00~17:00

場所:東京ビックサイト 西4ホール

当社ブース:C-13

 

■出展内容

タフメッシュ工法

高強度薄肉補強工法

超低空頭場所打ち杭工法

HEP&JES工法

~ふるさとの景色を描こう~ 庄原市立高野小学校3・4年生 写生大会

~ふるさとの景色を描こう~

 

庄原市立高野小学校3・4年生 写生大会

平成231018日(火)

9:0012:00

 

大阪支店下門田PC作業所(たびたび、このブログで紹介させていただいていますイベント大好き現場です)にて、地元高野小学生の写生大会が行われました。

 

写生大会_1.jpg なお、高野小学校のホームページにこの写生大会の様子がアップされています。

http://www.takano-e.hiroshima-c.ed.jp/GakkouSeikatuVTR/index21.html

 

 

インタビュー

(校長先生)

 図画工作の授業の時間の中で、写生といっても通常は学校の校舎の周りを描くくらいで、外に出て半日間写生に没頭するという機会は非常に少ないです。特に子供たちのふるさと、しかも建設途中の橋の景色を描く機会は滅多となく、子供たちにとって大変貴重な時間となりました。

 小学3,4年生は、クレーンなどの個別の「モノ」を描くことはできても、様々なものが入り混じった風景・景色を描くことは非常に難しく、今回の写生大会の話を最初に聞いたときは、「できるかな?」という不安がありました。しかし、今こうして子供たちが描いた絵を見ると、思っていた以上に良い絵が描かれており、大変うれしく思っています。

 地域に密着し、子供たちにかけがえのない時間を与えて頂いた鉄建建設に感謝します。

 

写生大会_2.jpg

3年生担任の先生)

 とても楽しい時間でした。久しぶりに校外に出て子供たちと絵を描くことができました。

校外に出ることは、教師としては安全面への配慮に最も気を使うが、鉄建建設の社員の方々が子供たちの様子を見守ってくださって今回は本当に安心できました。

 子供たちも大喜びです。

 

4年生担任の先生)

 最初は上手に風景画は描けないと思っていました。子供たちが描いた絵を見ると、細かなところまで丁寧に一生懸命描いていて、本当にうれしかったです。

 みんな絵を描くことに集中することができ、思い出に残る時間となりました。

 

写生大会_3.jpg 3年生児童)

・いつも遠くで見ていたクレーンの絵が描けてうれしかった。クレーンの運転手も描いたよ。

・エレベーターの絵を描こうと決めていました。いつも上や下に動いているので描くのが難しかったです。

・橋の形を描くのが難しかったです。

・いつもは入れない場所で絵を描くことができてよかった。

 

4年生児童)

・橋の色は何色で描けばいいのかな?白?灰色?

・足場は、細かいところが多くて難しかったです。

・工事現場は色がたくさんあって、描くのが難しかったです。

・丸い柱(橋脚)は、どうやって描けばいいの?

 

写生大会_4.jpg

 

大阪支店【土木】下門田PC作業所

発注者様:国土交通省中国地方整備局

工事件名:尾道・松江自動車道下門田橋PC上部工事

電話 0824-86-7088 FAX 0824-86-3358

727-0421 広島県庄原市高野町中門田宮沖147-1