2010年07月アーカイブ

国土交通省近畿地方整備局主催の「施工監督現場研修会」が開催されました

 6月17日(木)、当社が現在施工中の第二阪和国道(大阪府阪南市~和歌山県和歌山市)建設工事の現場において、国土交通省近畿地方整備局主催の発注者現場施工管理研修会が開催されました。

 この研修会は品質管理試験や鉄筋の配筋確認検査などを実際に体験することで、工事を実施する上での注意点や着眼点を十分認識し、円滑な工事の推進が図られることを目的に、女性を含む21名が参加し開催されました。

 品質管理試験では、トンネル工事で使用しているコンクリートのスランプや空気量を実機を用いて実際に測定する試験を行い、配筋検査ではPC橋梁工事での配筋状況を現地で組みあがった鉄筋で確認するなど、現場での施工管理手法について研修が行われました。

 

▽品質管理試験(スランプ・空気量測定) 現場研修会_1.png

▽トンネルのロックボルト引抜試験 現場研修会_2.png

 

 研修会に参加されたみなさんは、品質管理試験など普段はなかなか体験することができないこともあってか、積極的に取り組まれていました。(特に女性のみなさんは他の男性よりも積極的でした!)また、当社社員との活発な意見交換もあり、今後の工事に反映させていこうと考えています。

 「目的はひとつ。安全に、よりよいものを。」当社はこれからも、発注者・請負者一体となって安全を第一にさらなる技術と品質の向上を目指して貢献していきます。

 

▽鉄筋の配筋検査(PC橋梁上部工) 現場研修会_3.png

▽当社社員との活発な意見交換 現場研修会_4.png

 第二阪和国道建設工事では現在最盛期を迎えており、当社はこのうち3工区にて施工を行っています。

○第二阪和国道南山中2号橋工事        平成21年6月~平成23年2月

○第二阪和国道淡輪高架橋PC上部工事   平成21年9月~平成23年1月

○第二阪和国道南山中トンネル工事      平成21年10月~平成22年12月

地域の「顔」、新駅造り① ~野内新駅(青森県)の安全祈願祭を開催~

 平成22年6月2日に、青森市の東北本線 野内新駅前広場予定地で、東北運輸局の岸谷克己鉄道部長、JR東日本の福田泰司盛岡支社長、青山祐治副知事、鹿内博青森市長をはじめ、地元町内会関係者ら約60人が出席し、駅工事の安全と無事完成を願う「野内新駅建設安全祈願祭」が執り行われました。

                  ▽当社 神田会長による「鍬入れの儀」

神田会長 鍬入れの儀.jpg  

 この野内新駅は、今年12月に開通する東北新幹線 八戸~新青森開業に伴い、 青い森鉄道に移管される東北本線 八戸~青森間を、現在の野内駅より青森方に1.4km駅を移設し、周辺地域はもちろん、新駅近くに移転される高校に通学されるお客さまの利便性を向上するものです。当社は、新駅のプラットホームを設置する工事を行います。

           ▽新駅設置箇所。これからどうなるのか楽しみですね!

野内駅現場.JPG  

 今後は、安全第一で新駅設置に取り組んでいきたいと思います。工事の進捗状況は、またブログで報告させていただきますので、お楽しみに!

     

     ▽新駅イメージ

野内駅パース.jpg  

    野内駅パース_ブログ.jpg           ~ 地域の「顔」を造る新駅工事に、鉄建は安全第一で取り組みます。~