2009年09月アーカイブ

第3回ものづくり日本大賞を受賞

  この度、「太径曲線パイプルーフ工法」が第3回ものづくり日本大賞・内閣総理大臣賞を受賞しました。 

(工法の詳細は添付ファイルをご覧ください)

09土-49 太New TULIP工法(太径概要).pdf【1.8MB】

09土-50 太New TULIP工法(太径実績・実験)首都高承認済.pdf【1.0MB】

  

 去る、平成21年7月15日(水)内閣総理大臣官邸(東京都千代田区)に於いて、表彰式が開催され、当社からは受賞者として齋藤建設技術総合センター所長、伊藤康裕さんが出席し、内閣総理大臣より賞状、メダルを授与されました。

 「ものづくり日本大賞」とは我が国の産業・文化を支えてきた「ものづくり」を継承・発展させるため、ものづくりを支える人材の意欲を高め、その存在を広く社会に知らしめることを目的に、政府が平成17年8月に創設した内閣総理大臣表彰制度です。

  これは、経済産業省、文部科学省、厚生労働省および国土交通省の4省庁連携により2年に1度開催されるもので、今回、産業、社会を支えるものづくりとの位置づけで、国土交通省関係の製品・技術開発部門で、首都高速道路株式会社・鹿島建設株式会社・大成建設株式会社・当社のチームとしての受賞で、建設業で本賞を受賞するのは、初めての快挙となります。

 

メダル.png