月別アーカイブ

CSRの記事一覧

原宿駅新駅舎が供用を開始

当社は、東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、混雑緩和や利便性・快適性向上などを目的として、2016年6月より原宿駅の改良工事を進めてきました。
3月21日の初電から、新駅舎と新ホームの供用が開始されました。

202003harajuku01.jpg ▲新駅舎全景

202003harajuku_omote.jpeg ▲駅東口(表参道側)

202003harajuku_home.jpeg
▲新設ホーム(山手線外回り)

■原宿の新たな玄関口の供用開始を迎えて

●小野 玄治 土木作業所長
既存の駅の機能を生かしたまま、駅舎新設のための土木工事を進める中、工程上の多くの課題に直面しました。発注者および当社、協力会社と一丸となり、熱意と行動力を持って協議・検討を密に重ねながら工事を進め、3年半の年月を経て、新駅舎・新ホームの供用開始を迎えることができました。人と人との出会い、プロジェクト完遂への熱意、すべての関係者の方々と一丸となってやり遂げた賜物と思います。
作業所を代表して、関係者の皆様のご尽力に改めて感謝を申し上げます。

●佐々木 大資 建築作業所長
土木工事着手から半年後の2017年3月、橋上駅舎下部工の鉄骨製作から着手し、駅舎新設とコンコース、改札口、トイレの拡張などを行ってきました。この新駅舎が令和とその先の時代も愛される駅舎に育ってくれることを願っています。大正に生まれ、昭和・平成・令和と時代を超えて愛されてき既存駅舎は、今後解体され跡地を再利用する計画が進んでいるそうです。新駅舎と並ぶ原宿の新たなランドマークの新設に今後も参画できれば幸いです。

●福田 翔大 事務担当
工事期間中の年末年始には、初詣者数日本一を誇る明治神宮の参拝客対応として、臨時改札や仮跨線橋の設置、ホームドア復旧などにより混雑緩和と安全誘導の強化を行いました。完成した新駅舎は、地元の方々のご理解により、歴史ある原宿駅周辺の景観に調和した趣のある駅舎となっています。続く工事も、お客さまの安全の確保を最優先とし、円滑に工事が進むよう「縁の下の力持ち」として精一杯サポートしていきます。

202003harajuku_2f.jpg▲新設ホーム直上の2Fコンコース

202003harajuku_fuki1.jpg▲コンコース内吹き抜け

202003harajuku_night.jpg

オリンピック・パラリンピック開催時の鉄道交通網の向上のため、供用開始後も土木と建築が一体となり改良工事を進めています。

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)に認定されました

2020年3月2日、「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。 健康経営優良法人認定制度とは、健康経営に取り組む企業の「見える化」をさらに進めるため、「健康経営優良法人」として認定して顕彰する制度です。 経済産業省が制度設計を行い日本健康会議が認定しています。
鉄建建設は、これからも社員の健康保持・増進に努めていきます。 202003kenkou02.jpg

ミャンマーの幹線道路を複線化「ティラワアクセス道路」が開通

当社が2017年12月よりミャンマーで施工を進めている「ティラワ地区インフラ開発事業2期工事(アクセス道路工事)」で、2020年2月21日に開通式が執り行われました。

202002Thilawa01.jpg▲テープカットの様子

このプロジェクトは、ODA(政府開発援助) 事業によりミャンマーのヤンゴンとティラワ経済特区を結ぶ幹線道路8.7kmの区間を片側1車線から片側2車線(4車線化)に拡幅するものです。この道路の開通により、経済の発展と地域の生活の向上が期待されています。

当日は、U Phyo Min Theinヤンゴン地域政府首相、丸山市郎駐ミャンマー日本国特命全権大使、Dr.Kyaw Linnミャンマー建設省副大臣、山田邦博国土交通省技監、唐澤雅幸JICAミャンマー事務所長ら両国の来賓と地域住民、工事関係者合わせて約1,000人が集まり、盛大に執り行われました。

当社は、これからも持続可能な社会の実現をめざして、質の高いインフラの整備に取り組んでいきます。

202002Thilawa04.jpg▲スピーチを行う丸山大使

202002Thilawa03.jpg ▲除幕式で披露されたモニュメント

202002Thilawa02.jpg▲テープカット後の記念写真

全国で活躍する「鉄建こまち」が座学と現場見学で交流

当社は、1月22、23日の両日、全国で活躍する女性土木技術者22名を集め「女性土木技術者交流会」を開催しました。1日目は全員で本社にて座学研修、2日目は入社1、2年目を中心とした若手女性技術者を対象に現場見学現場研修を実施しました。

1日目の座学研修では、先輩社員による仕事や育児の経験談のほか、土木営業部とi-CON推進部より、現場配属以外の多様な活躍の場を紹介、さらにダイバーシティ推進部より女性活躍推進施策についての説明もしました。また、女性技術者としての働き方やワークライフバランスなどについてグループディスカッションを行い、情報と課題の共有をしました。

202002jyosei01.JPG

▲グループディスカッション



2日目は、山梨県甲府市で施工中の「中央自動車道甲府南地区函渠工工事」を見学しました。同工事は、中日本高速道路㈱の発注工事で、山梨県が進める新山梨環状道路と中央自動車道との交差部でトンネルを構築するアンダーパス工事です。

桝谷正治作業所長の工事説明を聞いた女性技術者たちは、初めて見る工法を学び理解するだけでなく、自らが担当技術者になったつもりで、安全・品質・工程管理のポイントや技術的課題について、各々の知識や経験に基づいて考えました。また、作業所長に積極的に質問する様子も多く見られました。

202002jyosei02.jpg

▲現場事務所にて工事説明(左)、現場での質疑応答(右)



交流会終了後、参加者からは、「自分の将来を考える良いきっかけになった」や「これからのキャリアの選択肢が広がりモチベーションが上がった」、「育児休業等の制度活用の経験談を聞いて安心した」、「全ての女性が働きやすい環境づくりをめざしたい」などの前向きな感想が多く寄せられました。202002jyosei03.jpg

当社は、女性技術者の活躍の場を創出する建設会社として、今後もさまざまな取り組みを進めていきます。

新会社が運営「コロコロいちごファーム」が1月2日にオープンします

12月26日、オープンセレモニーを開催しました

いちご観光農園「コロコロいちごファーム」の令和2年1月2日のグランドオープンに先立ち、鈴木勝 埼玉県北葛飾郡松伏町長、大西精治 JR東日本執行役員大宮支社長ほか多数のご来賓を招き、オープンセレモニーが開催されました。(主催:㈱ファーム ティー・エス)

コロコロいちごファームは、鉄建建設としゅん・あぐり(本社:埼玉県八潮市、社長:臼倉正浩)がビジネスパートナーシップを結び新たに設立したファーム ティー・エスが運営しています。

■メディア情報
セレモニーの様子は、テレ玉「埼玉ビジネスウォッチ」で紹介される予定です。
日時:12月27日(土)22:00~22:30
詳しくは番組公式ホームページ をご覧ください。

1912coro02.JPG ▲いちご狩りの後、栽培責任者の林賢典さんがいちごの品種や農園規模について説明

1912coro03.jpg▲鈴木町長より開園の祝辞を賜りました

1912coro04.JPG▲「農業参入を次の展開に生かしたい」とインタビューに答える鉄建建設 伊藤社長

1912coro05.JPG▲「夢と情熱にあふれた新事業にご期待ください」と語る㈱ファーム ティー・エス 荒明浩登会長(右)、臼倉正浩社長(左)

1912coro06.JPG

■ファームの概要
・営業内容 :章姫と紅ほっぺの40分食べ放題(ハウス内にイートインスペースがあります)
・住  所 :〒343-0102 埼玉県北葛飾郡松伏町築比地2134
○ご予約と交通アクセスはこちらから>>>予約専用サイト

1912coro07.jpg

やまなしインフラ親子現場見学会が開催されました

山梨県では、甲府都市圏内の交通の円滑化と地域連携などを目的とした「新山梨環状道路」の事業が進められています。このうち、中央自動車道と交差する箇所の工事は、山梨県が中日本高速道路㈱に業務を受託しており、施工を当社が担当しています。工事名称は、中央自動車道甲府南地区函渠工工事(所長:桝谷 正治)。アンダーパスによりカルバートボックスを構築します。

新山梨環状道路の詳細はこちら(山梨県HP)

11月9日、山梨県景観づくり推進室の主催で、令和元年度やまなしインフラ親子現場見学会が開催されました。

1911yamanashi01AM.jpeg1911yamanashi01-2.jpeg足場に張り付けたオレンジ色の枠で、カルバートボックス断面の形と大きさをイメージ
午前の部(上)、午後の部(下)

見学会は、午前・午後の部に分けて開催され、山梨県内在住の親子連れ合わせて73人が参加しました。施工発進側で現場概要説明の後、到達側で箱型ルーフ管内に入ったり120tクローラクレーン乗車体験をしたりしました。最後に、コンクリートスペーサー(組み立てた鉄筋が所定の位置からずれないようにするためのもの)に絵やメッセージを書いてもらいました。

1911yamanashi02.jpg

▲個性あふれるコンクリートスペーサー
中には「安全祈願」やマスコット「てっくん」のイラストも!

コンクリートスペーサーは、カルバートボックス本体の鉄筋を組み立てる際に使用します。コンクリートの中に埋められるため、外から確認することはできませんが、参加者からは「施工に携わることができた」と好評でした。

バングラデシュ道路整備事業発注者が北陸新幹線建設現場に来訪

10月16日、当社JVが工事を進めているバングラデシュ国クロスボーダー道路網整備事業(カルナ橋)の発注者が、北陸新幹線、小松木場潟(北)高架橋工事(所長 上野 宏史)の現場研修に訪れました。
研修には、発注者(同国道路交通省橋梁省)と設計コンサルタントの7名が参加しました。

PC箱桁橋とRC高架橋の現場を見学された方の多くがコンクリートの品質の高さと出来映えの良さに高い関心を示していました。さらにヤードの隅々まで整理整頓された状況に驚いた様子でした。

▲工事事務所にて概要説明

▲橋上で軌道構造の説明を熱心に聞く見学者ら

この研修を通して、海外工事の発注者に日本の最高水準の品質管理・安全管理を紹介することができました。このような交流が、今後の両国間の架け橋として役立つことを願っています。

「渋谷のラジオ」で当社社員がゲストトーク

地域密着 × 世界最先端の放送局で土木を語る ! !

開局は2016年4月。渋谷駅前、渋谷川沿いに誕生した放送スタジオ「渋谷のラジオ」は、渋谷区の町おこしにとって重要なプラットフォーム・メディアとなっています。全国初となるパートナーシップ条例が成立した渋谷区。様々な多様を認め合うメディアとして、社会的なテーマも積極的に取り上げています。
その中でも、外山田洋さんがパーソナリティを務め週替わりにゲストが登場する「渋谷の工事」は、当社もプロジェクトに参画する渋谷駅関連工事のほか、最近話題のトピックを建築・土木・地理・地形・まちづくりなど多様な視点で愛でるバラエティ番組です。局全体としても最長寿番組の一つで、毎週金曜日朝9時より1時間、渋谷駅新南口にあるオープンスタジオから生放送で運営されています。(ラジオ番組の聴き方は文末に記載)

1911shibuyanoradio01.jpg▲収録の様子。ゲスト出演の緒方さん(左)とパーソナリティの外山田さん(右)

10月11日(金) 、「渋谷の工事」にゲスト出演した当社の緒方さんは、当社が2015年9月より工事を進めている「JR渋谷駅改良事業」について紹介した後、番組の新シリーズ「土木の偉人たち」第1回目は八田與一(はった よいち)について話しました。
八田興一とは、台湾が日本統治時代の大正9年(1920)から10年の歳月をかけて、洪水・干ばつ・塩害に喘ぎ15万haの荒れ地で苦しんでいた60万人もの農民を救うため、東洋屈指のダムをつくって灌漑事業を行い、広い荒れ地を穀倉地帯に変貌させた土木技術者です。その日本人技術者が、どのように地域の人たちと向き合い、どのような技術と情熱で困難な事業を成し遂げたのか、パーソナリティを相手に熱く話しました。

1911shibuyanoradio02.jpg.png▲台南の烏山頭ダムほとりにある八田興一銅像

土木の仕事に感謝する「飲水思源」思想とは?

続いて、八田興一没後も毎年地元台南の人たちが銅像に献花している墓前祭について話しました。戦後、日本人の銅像がことごとく破壊される中、なぜ、八田興一は地元台湾の人たちから神のように慕われ、銅像をひそかに隠してくれたのか。八田興一と夫人の墓を台湾に希少な御影石でつくってくれたのか。
それは「飲水思源(いんすいしげん)」という昔から残る考え方にありました。「水を飲むときは、その井戸を掘った人に感謝して忘れない」という思想だそうです。それは、台湾嘉南平原の人たちが飲み水や農業用水に困って、毎朝、遠くの溜池に牛車で水汲みに行っている様子を見かねた八田興一が土木事業によってその苦しみを取り除いてくれたことに対し、地元民は子々孫々感謝して忘れないために、毎年の墓前祭を行っているということです。

■次回出演のお知らせ
第2回目の放送は、11月8日(金) 9:00-09:55、テーマは「僧侶と土木」です。
行基や空海など古代の僧侶たちは、なぜ、橋を架け、道を拓き、ため池をつくり土木事業のリーダーとして活躍したのか。彼らは、どのように土木技術を会得していたのか。その謎にせまります。

「渋谷のラジオ」の聴き方

(その1)リアルタイムで聴く ⇒ 渋谷のラジオの聴き方
(その2)聴きの逃しも、分けて聴くのもOK.アーカイブで聴く ⇒ note 渋谷の工事

日本盲導犬協会ユーザーの会・体験講座を受け入れ

当社は、9月24日と30日の両日、建設技術総合センター・研修センター(千葉県成田市)で、「日本盲導犬協会ユーザーの会・体験講座」の開催に協力しました。

1910moudouken01.jpg

▲屋外の軌道施設で記念撮影

この催しは、視覚障がいのある方が鉄道をより安全に利用することを目的として、実物どおりに再現された数々の鉄道施設・設備に触れて体験してもらうために、日本盲導犬協会 ユーザーの会様が企画したものです。
今回、同センターで初の開催となりました。

2日間を通して、障がいのある方とガイドヘルパーの19組に立会者4名を加えた42人と盲導犬19頭が参加しました。
参加者からは、「これからの鉄道利用の際に、必ず役に立つ貴重な体験になった」「普通では触れられないものに実際に触れ、身を持って体験できたことが、大変ためになった」や、「同じ障がいを持つ仲間にも注意喚起したい」などの声が聞かれ、好評をいただきました。

1910moudouken02.jpg

▲ガイドヘルパー・盲導犬とペアで施設をめぐり、退避行動などを体感してもらいました

同センターは、社員研修はもちろん、国内企業や海外からの研修・視察にも活用していただいています。
この他、千葉県内の盲学校による「鉄道体験会」の開催に毎年協力するなど、施設の活用や提供を通じて地域や社会への貢献に取り組んでいます。

■施設については、研修センターのページ をご覧ください。
詳しくは、問合せフォーム(建設技術総合センター) にてお問合せください。

第2回快適職場に9作業所が認定

日本建設業連合会(日建連)より、職場環境の快適化に取り組んだ作業所の「第2回快適職場の認定」が公開されました。当社からは、下記の9作業所が認定を受け、今回は認定作業所の全てで、より高得点のプラチナに認定されました。
今回、全国から328作業所が認定(うちプラチナ認定256)されています。 1910kaiteki_hyou.jpg

詳しくは、日建連ホームページ「快適職場」をご覧ください。
https://www.nikkenren.com/sougou/ikusei_4.html