カテゴリ:建設技術総合センター、CSR、プロジェクト

マレーシアから初の視察団


kengaku.JPG▲屋外研修フィールドを2班に分かれて見学する様子


11月29日、マレーシア・ペタリンジャヤ市役所のジョハリ・ビン・アヌアール副市長以下49名の市役所職員の方々が、千葉県成田市にある当社の研修センターに来所しました。 視察団の訪日は「建設業労働災害防止協会(建災防)」を通し、「日本の建設業における安全衛生について」研修することを目的とされており、滞在1週間の忙しい予定の中で、当センターの研修が選ばれました。


まず、センターの設備や研修の概要を説明したあと、「ホームエリア」「踏切・線路覆工エリア」「工事状況再現エリア」など本物と同じ駅・鉄道設備が再現されている屋外研修フィールドを約2時間、じっくり見学されました。参加者の方々は安全・都市設計・景観・建築とさまざまな分野のエンジニア担当者で、「列車停止装置」など実際に見て、触って体験できる当社の施設は、とてもわかりやすいと大変好評でした。女性が16名と多くにぎやかな研修でしたが、最後に、記念の盾をいただき、全員で記念撮影をしました。


tatezoutei.JPG▲記念の盾をいただきました(左:ジョハリ・ビン・アヌアール副市長、右:鈴木武臣研修センター長)


shugo.JPG▲見学会終了後、研修センターの社員とペタリンジャヤ市役所職員の皆さんとの集合写真