カテゴリ:CSR

JV九頭竜作業所で、大学生を対象に現場見学会を開催しました。

2月17日(金)当社が福井県で工事を進める、JV九頭竜作業所において、地元福井の大学生を対象に現場見学会を開催しました。JV九頭竜作業所では北陸新幹線金沢~福井間の延伸工事が進められており、1月24日~25日に延伸区間で初の桁架設が完了するなど話題の現場です。


IMGP2930.JPG


延伸区間で初めて架設されたPC桁


見学会は始めに事務所で案内役の当社社員の自己紹介などオリエンテーションから始まり、作業所長から工事の概要の説明がありました。DSC_0751.JPG


オリエンテーションの様子


その後、当工区のメインである九頭竜川に架かる7径間連続ラーメン箱桁橋の工事を中心に見学しました。九頭竜川左岸では橋脚工事が終了し、桁の架設工事が始まっています。やじろべえのように柱から左右に張り出して桁を製作する「張り出し架設工法」が採用されています。学生たちも興味深く聞き入り、吉住副所長の説明にも力が入ります。


DSC_0763.JPG


九頭竜川左岸で桁架設工事が進む(張り出し架設工法)


DSC_0811.JPG


工事内容を説明する吉住副所長


続いて右岸へ移動、こちらでは橋梁の基礎をニューマチックケーソン工法にて施工中です。大掛かりな設備を目の当たりにした学生さんから、質問が多数寄せられました。


DSC_0836.JPG


九頭竜川右岸では橋脚基礎工事が進む(ニューマチックケーソン工法)


新幹線延伸工事は注目度の高い工事です。学生さんはもちろん地域の皆さまにも工事を知っていただけるように情報発信にも努めます。